鎌倉よもやま話

2022年6月29日 (水)

げんこつが移動した話。

041a773832264b23b7205201ea193b76

いきなり変なタイトルですが、この哲学者西田幾太郎さんの石碑の話です。

もともとこの石碑はもう少し西の七里ヶ浜寄りの国道134号線沿いの歩道にあったもの。形がげんこつのようだから、ちょうどその前のサーフポイントが“げんこつ”という話は以前に書きました。

http://onr.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-cd09.html

もう何年前になるでしょうか。台風の影響による高波でこの石碑の付近の護岸が流されてしまい、石碑にも損害が及ぶ危険性があるということで撤去されました。

その石碑が稲村ヶ崎公園の中に移設されて、バックに江ノ島を望む素敵な場所に移りました。

『七里濱 夕日漂ふ波の上に 伊豆の山々果て知らずも』

歌に詠まれた風景を感じることができる立地で、前よりも人の目に触れるようになったのではないでしょうか。


2022年6月 2日 (木)

雪の下の花。

C41d4a980976453b968d7b1f7c7560c0

鎌倉市に雪ノ下という住所がありますが、この花の名前は雪の下。

名前からすると冬に咲くイメージがありますが、5月から7月が花の時期とのことで、まさに今が旬の花ですね。

七里ガ浜の広町緑地で咲いているのを見かけたのですが、川沿いの斜面など、少し水分の多い土地が好きな様です。

きれいな名前の花ですが、2枚の花弁が下に伸びた白い花も特徴的でかわいいですね。

雪ノ下には雪の下の咲いているところがあるのでしょうか。


2022年5月17日 (火)

鎌倉の博物館三館巡り。

Ffb271af7c464fc0b98c142b12725c65

今日は曇り、午後から雨のすっきりしない天気の予報…まだ訪ねていなかった大河ドラマ館に行くことにしました。

せっかくなので、庭園の薔薇がきれいな鎌倉文学館と鎌倉国宝館も巡って美術館三館巡り。

鎌倉文学館、鎌倉国宝館をはじめとする市内の鎌倉市立の博物館と美術館は鎌倉市民であれば入場無料になりました。

ちょうどこの時期は大河ドラマの放映に合わせて、鎌倉文学館では特別展『鎌倉時代の黎明ー文学で読むはじめてのはじまり』が、そして鎌倉国宝館でも特別展『北条氏展Vol2.鎌倉武士の時代ー武士の姿への憧憬ー』が開催されており、さまざまな角度から大河ドラマの時代を学ぶことができます。

866650e9118a4598bf1d3725522ac99f

鎌倉文学館の次は本日のメイン、大河ドラマ館。大河ドラマ館は鶴岡八幡宮の中にある鎌倉文華館ー鶴岡ミュージアムの建物に開設されています。大河ドラマの中では分かりにくい登場人物の関係を相関図で確認したり、その場に居合わせた十三人の全員の賛成により合議が成立しないと見ることができない特別な画像を見ることができるアトラクション的なものがあったりと…伊豆の国の大河ドラマ館より楽しめる工夫がされていました。

ミュージアムショップの限定グッズもこの時期だけの鎌倉土産におもしろいかなと思う商品が揃っていました…ミュージアムショップはドラマ館に入館しなくても入れるので、鶴岡八幡宮参詣の際に立ち寄ってもいいかもしれませんね。

9d28b29b203e4dc4bcf210ec68a8d6bf

そして、鎌倉国宝館。鎌倉国宝館も鶴岡八幡宮の境内にあり、大河ドラマ館から徒歩3分と近いうえ、ドラマ館の入館時にいただけるリーフレットの提示で期間中1回鎌倉国宝館の入場が無料になるので、ぜひ立ち寄りたいところですね。

鎌倉国宝館の特別展ももちろんおもしろいですけど、個人的には鎌倉の社寺から預託されて展示されている鎌倉市内の神社仏閣の仏像の展示が見事で、一見の価値ありです。

そして、展示はもちろん、それぞれの建物がまた素晴らしいのです。鎌倉文学館は旧前田侯爵の別邸の洋館を活用した建物、鎌倉国宝館は関東大震災後に建築された校倉造の外観と寺社建築を模した内観が見事で、どちらも国の有形登録文化財に指定されています。大河ドラマ館のある鶴岡ミュージアムの建物は、もともと神奈川県立近代美術館の建物でしたが、ルコルビュジェの弟子である坂倉準三の設計によるもので、こちらも神奈川県の指定重要文化財(建造物)に登録されています。

源頼朝、そして北条義時ゆかりの観光地と一緒に博物館も巡ると、鎌倉の歴史をより深く知ることができて、一石二鳥ですね。

三枚目の写真は鎌倉国宝館のエントランスのステンドグラス。旧鎌倉町の町章であった月と星をデザインしたものです。

2022年5月12日 (木)

北条義時×梅花はんぺんコラボバッチ。

6f9f6b0f615340af83ca36ec975746f7

以前Facebookが何かのSNSで知った鎌倉殿の十三人と井上蒲鉾店の商品とのコラボバッチを、本日、由比ヶ浜通りの井上蒲鉾店さんに寄った際に見かけたので、話題の種にひとつ購入してみました。

いくつかのパターンがありますが私がゲットしたのは北条義時と梅花はんぺんバージョン。

この包装の裏側には…

『北条義時 長寛元年(1163年)の生まれ。母は「伊東入道」とする説もある。父・時政とともに頼朝の挙兵を助け、石橋山で兄宗時の死後は嫡男となる。平氏追討に参戦。鎌倉幕府二代執権となる。』

『梅花はんぺん 蒲鉾と同じ上等の生地に、鎌倉の町や野に咲く梅の可憐な姿を表現してみました。腰があってしかも柔らかな歯ごたえ、洗練された汐の香り。他にない味と、全国の皆様にご愛顧いただいています。』

と小さなスペースに思いがけない情報量の解説付。

大河ドラマで話題の鎌倉殿の十三人と鎌倉土産の定番梅花はんぺん元年コラボした缶バッチ。鎌倉散策の記念に“旬”な一品ですね😊


2022年3月27日 (日)

桜咲くRUN…鎌倉桜開花情報2022 part2

E3d0a773ad9441bbb9eae5a9f4cadc5a

雨後の筍ではないですけれど、昨日の激しい雨が上がった今日の鎌倉は暖かい一日となりました。

桜の花も一気に開いて、あちらこちらで美しい姿を見れるようになりました。

仕事から帰ってランニングで少し偵察。

0079198ab6b7434183ef43f92d1311e4

B9ef5c692e024fc0870512c8f4fbd00b

こちらは鎌倉山。桜道の並木もだいぶ咲き出していましたが、こちらは七里ガ浜の分譲地から上がった道沿いの桜並木の様子です。五分咲きくらいでしょうか。

1c6261065db14a0bac89c3b480a7984d

そして最初の写真とこの写真の2枚は七里ガ浜の分譲地内のプロムナードの桜。まだ三分咲きくらいかもしれませんが、一部の木はライトアップもされて、夜桜見学も楽しめそうでした。

昨日の朝は咲き出したばかりだった段葛の桜もかなり花開いてきて、十分楽しめるくらいの咲き具合でした。


2022年3月24日 (木)

公示地価の話。

4f1723c8191940bca007f48c5e5e8ee4

おととい国土交通省より今年度の公示地価(1月1日時点の価格)が発表になりました。

都市部の需要が牽引して全国平均で0.6%の上昇とのこと。地価が下落した地点でも下落率は減少したと発表されました。

神奈川県においても、コロナウィルスの感染拡大の影響で不動産取引が低迷し昨年下がった地価が、テレワークの普及に伴う郊外型住宅などの需要拡大が後押しして、平均で0.2%の上昇となった。(神奈川新聞の記事の要約)

そんななか、鎌倉市の地価はどうだったのでしょうか。鎌倉の状況をパッと見ると、約半分の地点で地価が上昇したものの、逆に約半分の地点では地価が下落していました。

地価が上昇した地点を地名で見ると…小町、長谷、七里ガ浜、大船、逆に下落した地点を地名で見ると、浄明寺、十二所、関谷、城廻などとなっていました。

地価が上昇した地点は横須賀線の駅から徒歩圏内の立地であったり、海岸から近い立地の場所となっています。逆に地価が下がった地点は最寄りの駅からバス便となるところとなっています。

同じ鎌倉市内でも需要が高いところと需要が低いところの価格差が開いていっている感じです。

将来的に見ると日本の人口が少なくなる中で住宅が余ってくる時代に突入し、この傾向はまだまだ続くと思われます。

でもバス便のところは便利ではない分、周りに自然が残っていたり、静かな環境だったりするのに加えて、同じ予算であれば価格が安い分、広い敷地が確保できたりと、暮らし方の視点を変えれば、魅力も沢山あると思うのです。

2022年3月11日 (金)

鎌倉殿の13人“大河ドラマ館”のポスターの話。

A4182e251dfd44bdb181564cdf6a5d72

NHKの大河ドラマ“鎌倉殿の13人”、源頼朝が鎌倉に入ったのと時期を合わせるように、鶴岡八幡宮の境内に3月1日に大河ドラマ館がオープンしました。

鎌倉の大河ドラマ館はまだ見学に行っていませんが、鎌倉駅構内や市内の各所に大河ドラマ館のPR担当“北条さん”のポスターが掲示されています。

このポスター、ただのポスターではないのです💦

なんとしゃべる肖像画ポスター…このポスターにスマートフォンのカメラをかざすと喋りだすのだそうです。試しにやってみました^_^

0d1d0bfdcad643d7bb675bc9941ccf9f

おぉっびっくり。北条さんの顔が動き出して大河ドラマ館のPRを始めます。なかなか斬新ですね。

でも鎌倉に行かないとこのポスターには出会えない⁉︎ 安心してください。このポスターに出会うチャンスがない方でもスマホがあれば体験できますので試してみてください。

8698350cf7de4182a4d742e92e6c61bf

いかがでしたか。

でも本物の大河ドラマ館は鎌倉に来ないと見学ができないので、ぜひ大河ドラマ館を見学して、鎌倉の歴史を少し勉強してから、鎌倉殿ゆかりの史跡の観光されると、見方も変わってより楽しめるかもしれませんね。

2021年12月26日 (日)

鎌倉でも初雪。

C3a3dcf382774395ac9d5b50d0e87e18

寒い一日でしたね。

東京で初雪というニュースを聞きましたが、鎌倉でも初雪が降りました。

お客様との待ち合わせに向かう途中にちらほらと舞い出した雪は、午後のいっ時、かなり本格的になり、このまま夕方まで降り続いたら積もってしまうのではないかと思うほどでした。

幸い雪はすぐに止んだので積もることはありませんでしたが…。

写真はお客様のご案内中の窓からの風景、ちょうど鶴岡八幡宮のお宮の杜の方角です。

場所が雪ノ下だったから、「雪ノ下は雪ノ下」ってタイトルにしようかとも思いました💦

関西から日本海側にかけては大雪に警戒とのこと。年末の寒波の動きが心配ですね。

2021年12月12日 (日)

風が吹けばレストランは暇になる⁉︎

05d13985a5fe4fb38c4e243eec501fba

仕事から帰ってきてランニングに行くと南風の強風。海は大変そうなので山側のコースに変更しました。

昼間店舗の内見の際、お客様が「今日は日曜日なのに意外と人が少ないですね。」と言われた時に、現在お店を借りている人が「鎌倉は風が吹くとお客さんが少ないんですよ。」と言われていました。その時はあまり風が強い時の思わなかったのですが、そう言えば以前、海沿いの人気のカレー店の人が「雨の時よりも風が強い時の方がお客さんが少ないのですよ。」と言われていたことを思い出しました。

『風が吹けば桶屋が儲かる。』って諺があるけれど、鎌倉では『風が吹けばレストランが暇になる。』という法則が成り立つのかなぁって思いました。

2021年12月10日 (金)

鎌倉の紅葉模様。

5f73bddd88d14efaa03719f7ab24894f

例年12月に入ってから見頃を迎える鎌倉の紅葉、仕事で会社の近くを歩くと見頃を迎えている印象があります。

写真は先週撮影した極楽寺の月影地蔵の銀杏の木。

駅のあたりの銀杏はだいぶ散っているところもありますが、まだまだきれいなところもたくさんあります。

明日からの週末は紅葉を訪ねて鎌倉散策にちょうどいい頃かもしれません。

より以前の記事一覧

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31