季節の風物詩

2018年9月15日 (土)

毎年この時期になると…。

15ee499b868a4178b065693930906cb8
来週は早いものでもうお彼岸。
この前お盆だと思っていたのに、時が経つのは早いものですね。
毎年この時期になると、忘れずに花を咲かせるのが彼岸花。
仕事の途中、鎌倉駅の近くの大巧寺の境内を通ると咲いていました。
こちらは赤の彼岸花。

5f0606c31d7548d6b7ab5acabc227345
そして、こちらは白の彼岸花。
彼岸花…好きな花の一つです。
彼岸花という呼び方も好きですが、曼珠沙華という名前も雰囲気があっていいですよね。
「曼珠沙華」というと山口百恵の同タイトルの歌が浮かんできます。
こちらの曼珠沙華もとても大好きな歌でした。


2018年9月 8日 (土)

秋茗荷。

732adf6518004c0aaa64eefde57c48e1
毎年、この季節になると家の端っこのところに茗荷が育ちます。
根元を見ると、ぷっくりとした茗荷の芽が。
茗荷の芽でいいのかな?
実ではないですよね。根でもなさそうだし…ともかく茗荷が育ちます。

土を落として、刻んで香りをいただきました。
この時期の小さな楽しみのひとつです。


2018年9月 4日 (火)

小さい秋見つけた。

06e8fecaf0f84ce3bd33c733e533591e

E463192b182844b9bf44ff211c6a04cd
台風21号の上陸で大荒れの日本列島。
大阪の高潮の被害が心配です。
台風から離れている鎌倉も昼前くらいから風が強くなってきて、今はかなりの強い風が吹いています。
台風に近いところはもっと荒れた天気なのでしょうから、被害が少しでも少ないことを願います。

やっぱり山には行けなかったですね。
朝はいったん雨が上がったので、海岸から広町の森へとトレイルラン。
広町の中の田んぼの稲がたわわに実っていました。
ここは公園の中の田んぼで、鎌倉ではすっかり田んぼを見ることができなくなってしまいましたが、思わぬところで小さな秋を見つけました。

稲穂が台風の風と、海からの潮でだめになってしまわないといいのですが…。


2018年7月22日 (日)

夏よりの使者。

648841e886d6454e95e0cc7c09dd42ef
大町の貸家のご案内、雨戸を開けたら庭先で彼と出会いました。
まだ小さなカマキリ。
一気に夏がやってきてしまったからまだ成長が追いついていないのかな。
蝉しぐれの中、カマキリがいるようなところへはあまり行かないから、ひょっこり出会った彼に子どもみたいに少しワクワクしてしまいました。

このカマキリってオス?メス?
カマキリって鎌があるから男っぽい感じの昆虫だけど、よく考えたらメスも鎌を持っているのですよね。
クワガタはオスは鍬が大きくて、メスは小さいからすぐに区別がつくけど、カマキリは区別が難しいですね。

クワガタとかカブトムシにも出会ってみたいなと思いました。


2018年7月 9日 (月)

スカシユリまたはイワトユリ。

E1d20e427d6245b883850572ae5ab3d3

まずもって西日本豪雨で被災された皆様にお見舞い申し上げますとともに、すこしでもはやくいつもの暮らしにもどれることをご祈念申し上げます。

テレビのニュースでしか見ていませんが、自然の力の凄さとその自然の力の前では人間の力なんて本当に小さいと改めて感じずにはいられませんでした。

鎌倉も、三方を山に囲まれた地形で住宅地のすぐ横まで山が迫っている地形で、かなりの地域が土砂災害警戒区域に指定されている都市なので、仕事柄、ほんとうに他人事としてニュースを見ていることができませんでした。

そんな鎌倉、七里ヶ浜の海岸沿いの斜面にオレンジ色の美しいユリの 花が咲いているのをよく目にします。
この百合の花、スカシユリまたはイワトユリなのですが、園芸種のものをスカシユリ、野生種のものをイワトユリと呼ぶそうですが、この花を見ると「夏」だなって感じますね。


2018年7月 7日 (土)

夏祭りの季節。

D0a198ddce664ec59a4c42457c15023f
今日は七夕。
そして、鎌倉では今日明日、あちらこちらで夏祭りが行われています。
うちの会社の奥の八坂神社もお祭りで、仕事をしているときに太鼓の音が聞こえてきました。
大町の八雲神社でも今日明日がお祭り。夜提灯に彩られた神輿が練り歩きます。

腰越の小動神社も今週末がお祭り。
夕方の江ノ電には浴衣姿のこどもたちの姿が。
明日は江ノ電の電車通りに腰越の町の神輿が集結して行き帰ります。
午後江ノ電は稲村ヶ崎から江ノ島の区間が一時普通となります。

七夕といえば、平塚でも今日七夕祭りが行われていますね。


2018年7月 2日 (月)

白杭の季節。

1a5f7a3b655644d19f52e3e9af7801b9
鵠沼海岸を茅ヶ崎方面に向かうと引地川の河口の手前の砂浜に夏になると「白杭」が埋められます。
これは遊泳区域と遊泳禁止区域の境界線。
白杭が海に埋められるとそれは夏の始まり。

577c0874e5b44239a6bbfe47a53036ac
2018年の夏もちゃんとして始まっていました。

276f9b78c83340fdbc3299ae026d297d
海の家の喧騒の先には静かな富士山のシルエット。
夏らしい湘南のひとコマですね。


2018年7月 1日 (日)

夏模様。

B04b9e7b3c584dd4a4387b469c32e6c3

02eb2804c3b041ec9d92858ddd582998


Fcc115d7da2340b88e215fdcc298798c

6fd61cbf236143a2bc2057dcfeb23f75
一気に夏になりましたね。
今日も暑かった。今日鎌倉は海開き。絶好の海開き日和になりました。
海開き日和の日は天気が悪かったり、寒かったりすることが多いから、こんな夏らしい海開きは久しぶりなのではないでしょうか。

そんな昼間の海には仕事だ行けないので、サンセットタイムに撮影した海の模様を載せてみます。
夕暮れ時の海もすっかり夏模様ですね。

夏模様と言えば、この日記を書いている部屋の窓からは南風とともに祭囃子が聞こえてきます。
聞こえる音もすっかり夏模様です。


2018年3月31日 (土)

鎌倉の桜2018…part2

0fb99a26010944b7a4d855e8ccaabbcf
桜が満開の鎌倉。
段葛では桜をバックに写真を撮る人が次々と訪れていました。
植え替えて若くなった桜の木は、真っ直ぐに伸びた枝ぶりがすっきりと続いて、前の老木も歴史を感じさせましたが、これはこれで美しい風景になってきました。

鎌倉山も七里ガ浜のプロムナードも満開ですが、宝戒寺の参道の桜並木も今が満開。

Cd2d3feb36d04072a92844f967dfa874
花見をしながらの鎌倉七福神巡りもいいですね。
色紙を入れた袋を手に下げて、町を歩く人の姿も多く見かけました。

鎌倉の桜、そろそろ花吹雪が舞い始めていますので、明日あたりが最後になりそうです。
明日も天候に恵まれて、今日よりも暖かくなりそうなので、是非今年の桜を見に鎌倉にお越し下さい。


2018年3月28日 (水)

鎌倉の桜 2018

452f5ab3e3254d9f9f3982fb493cce81
少し遅れていた段葛の桜も昨日見たら7〜8分咲き。
市内の各所で満開との話を聞きます。
仕事中、仕事終わってから撮影した写真で今の鎌倉の桜の状況をお伝えします。
最初の写真は昨日の夕方の段葛。

44fdc7b82ee74143b9629ef9a54c1436
こちらは今朝の本覚寺の枝垂れ桜。満開でした。

098d6ab7e0814029b8b4750b9749c377
そして、 こちらは先程撮影の鎌倉山住宅地の桜並木。
こちらも満開です。

75128bdf6f02498db99790d57a949509
最後は七里ガ浜プロムナードの桜。
こちらも満開。

そのほか、葛原岡神社、光明寺、大仏殿高徳院なども満開との話です。
うーん、仕事中に行ける場所ではないなsweat02


より以前の記事一覧

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30