« 春?夏?秋? | トップページ | 水源の森を感じたウォーキング。 »

2019年10月 6日 (日)

ヨメナとツリガネニンジンと鎌倉広町緑地花図鑑。

B74257fdfcb1472186a7db06ca510b11

この前の休みに広町緑地に咲いていた花。

なんていう花なんだろうと思っていました。

99240e3483284ba5b8a0588619109d43

菊の仲間みたいなこの花もなんていう名前の花なのかな。

ふと、前に買った本のことを思い出しました。

F1c0adfe8f714c6393effa70a250d3ae

この本、この本。

広町の森に咲いていた花なのだからこの本に載っているのではないかと思って探してみました。

見てみたら、ちゃんと載っていました。

最初の花は、ツリガネニンジン。キキョウ科の多年草で、漢字で書くと「釣鐘人参」。花は夏から秋にかけて咲くようです。

もうひとつの花はヨメナ。広町の森にはキク科の仲間の花がいくつかあるようなので、もしかしたら血がかもしれませんが、たぶんヨメナの花。 キク科の多年草で、漢字で書くと「嫁菜」。嫁の菜って食べられる植物なのでしょうか?

前に鎌倉駅西口のたらば書房で見かけて買った「鎌倉広町緑地花図鑑」。たぶん、いや間違いなくメジャーな本ではないけれど、なかなか役に立ちそうな本になりそうな気がします。

« 春?夏?秋? | トップページ | 水源の森を感じたウォーキング。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30