« 今日は夏至でしたが…。 | トップページ | フィトンチッドの香りに包まれた樹林帯を抜けて「金峰山」へ。 »

2019年6月23日 (日)

タンコロの思い出。

6e015346da1b458cb2ad5f8adcfed289

タンコロは江ノ電の一両編成の電車の愛称のこと。(一両だから編成とは言わないか😅)

現在の江ノ電は新型車両がたくさん活躍していて、ほとんどが四両編成の車両で運行されています。

でも朝早くとか夜少し遅めの時間帯になると二両編成で走っている場合もあります。

タンコロと呼ばれる一両だけの車両はもう使われておらず、江ノ電の車庫に一台、そして由比ガ浜海浜公園の端っこに一台現存しています。

この一両だけの車両、もう現在は普通のダイヤのなかでは利用されていませんが、私が小学生の頃はまだ現役で活躍していました。と言ってもその頃でも二両編成が標準で、一両編成のタンコロとホームで出会うのは、本当の早朝とか夜遅くの限られた時間になってしまいます。

小学生の頃、早朝の駅に行く機会があったとき、タンコロがポツンと停車していて、ほとんど人が乗っていないタンコロで鎌倉駅へ向かったことを、公園の端っこのタンコロを見てふと思い出しました。

« 今日は夏至でしたが…。 | トップページ | フィトンチッドの香りに包まれた樹林帯を抜けて「金峰山」へ。 »

鎌倉よもやま話」カテゴリの記事

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31