« “あの路地”を入ったところの貸店舗です。 | トップページ | オオカミが大神と繋がった。 »

2019年5月21日 (火)

土砂降りの中央高速を走り抜けて…。

Ffc5a85e5e374f5bb4dd93d32238b602

本日は定休日。地元の先輩後輩と山に登る計画でしたが、雨予報だったので数日前に中止が決定。もっとも大荒れのお天気でとても山に登れるような状況ではなかったですね。

そんな荒天の中、前から訪ねてみたかった山梨県北杜市にある「平山郁夫シルクロード美術館」に行ってきました。現在は、没後10年記念展「群青の世界」が開催中で、鎌倉の大仏様所蔵の《西域の馬》も展示されています。

北杜市の天気予報を確認して、天気は回復傾向にあると信じて、暴風雨の鎌倉を出発。途中、圏央道、中央高速とワイパーをフル回転しても前が見えないくらいの土砂降りの中を走り抜けて甲斐小泉に到着。美術館の駐車場に車を停めると、傘を差さなくても良い程度の小降りになっていました。

最初の展示室には平山郁夫画伯のご夫妻が収集されたシルクロードの仏像を中心とした美術品の数々が展示されていて、ここだけでも必見の価値ありです。

記念展では、今まで展示されてこなかった秘蔵の作品や、代表作とも言えるシルクロードをラクダで移動するキャラバンの大きな作品などがゆったりと展示されていて、平日の、しかも雨上がりということもあって、観覧の方も少なくゆっくり鑑賞できました。

Fa516cd6187d48c29769788a5e813214

せっかく北杜市まで来たのだから、近くを観光しようと、まずは三分一湧水へ。武田信玄が水を平等に分配するために作ったとされる仕掛けが新緑の木々の中に清らかな水音を響かせていました。

北杜市は八ヶ岳やアルプスなどの山々に囲まれて、水の豊かなところです。続いて大滝神社湧水というところを訪ねてみました。

4be418d3f0bb42e49ee0bd5b14800610

道路地図を見ていて発見した大滝神社湧水、個人的には、三分一湧水よりも水のパワーを感じられる場所で、すごくいいと思ったのですが、マイナーな場所なのか、観光客の人は誰もいなくて、ひとりでそのパワーを全身に受ける事ができました。

ここから、甲州街道の旧宿場町「台ヶ原宿」に行ってみようと移動開始。

途中で看板を見かけて訪ねたのが、こちらの「旧平田家住宅」です。

6f7ee0d4d3104ef6a5af323feec733a0

江戸時代の建築だという茅葺き屋根の立派な家は、国の重要文化財に指定されているそうです。中では囲炉裏に火が入って、屋根を燻していましたが、薪を燃やした時の煙の匂いに心が落ち着きました。

この建物は東に向かって建てられているのですが、それは当時この建物が金峰山に向かって正面になるように建てられたからなのだそうです。

8e2b3688034a485a8bcc628449b6f502 

本日最後は甲州街道の旧宿場町「台ヶ原宿」。日本の道百選にも選ばれている場所だそうです。現在の甲州街道(国道20号線)のすぐ脇にこのもともとの甲州街道があって、いくつか古い建物が今でも現役で活躍していました。通りに面したお店で有名なのが和菓子屋さんの金精軒と日本酒「七賢」のお店のようです。

日本酒もかなり惹かれたのですが、今日は金精軒の「くるみ信玄餅」をお土産に買って家路に着きました。

行きの土砂降りが嘘のような青空になり、家を出る前にあまりの風雨に行くことを躊躇したのですが、思い切って出掛けてよい一日となりました。、

 

« “あの路地”を入ったところの貸店舗です。 | トップページ | オオカミが大神と繋がった。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30