« 平成最後の山行は雲取山へ。 | トップページ | タフじゃなければ生きていけない…。 »

2019年5月 1日 (水)

鎌倉古道巡りはいかがですか。

C222224b2ec442049eb158812f4b4a24

令和元年5月1日、今日から新しい元号になりました。

御成不動産は6日までお休みいただいておりますが、令和になりましても平成と変わらず御成不動産をよろしくお願い致します。

今年のゴールデンウィークは天候が不安定で、今日も午後三時頃から雨になってしまいました。それでも午前中は五月晴れの空が広がり、鎌倉市内はたくさんの人が来られて、昼ごはんを食べるのも大変そうでした。

そんなゴールデンウィークの鎌倉、どこに行っても混雑必至なのですが、あまり混んでいないけれど、歴史と自然という鎌倉らしさを感じられる場所としてオススメなのが、鎌倉古道です。

以前の「きまぐれ鎌倉ガイド」でもご紹介させていただきましたが、鎌倉時代の鎌倉への進入路として鎌倉七口という切通しがありました。鎌倉の街の構造は鎌倉時代と大きく変わっていないので、この七口が鎌倉への主要な進入路となっています。もちろん今では車で入れる道が整備されていますが、山側の旧道を歩くと、鎌倉時代に使われていた道が今でも登場の雰囲気を残してあります。

最初の写真は、鎌倉七口のひとつ、名越口です。名越口は鎌倉へ東から入る道で近くには、まんだら堂やぐら群もありこの時期の土曜日曜の昼間は公開もされています。鎌倉側の入口には庚申塔や石仏もありました。

846d1667f33742519faca2275da5fbe4

こちらは西側から鎌倉へ入る道のひとつ大仏坂口。少し南側には県道も通っていますが、そのすぐ近くにこんな雰囲気のある場所があります。

Dd645570858349148c1ab20accb4307d 

こちらは極楽寺坂口の脇にある石仏。極楽寺坂は今は切り下げられて、自動車が通れるようになっていて昔の趣は残っていませんが、少し脇の階段を上がったところにお祀りされています。一番左側の三申の刻まれた仏様には文化九年の銘がありました。西暦にすると1812年、江戸時代からここにあるのですね。

鎌倉七口は、朝夷奈口(朝比奈口)、名越口、極楽寺坂口、大仏坂口、化粧坂口、亀ヶ谷坂口、そして巨福呂坂口の七口、ぐるっと囲む山にはハイキングコースもあるので、七口を巡る鎌倉観光というのも悪くないと思います。

« 平成最後の山行は雲取山へ。 | トップページ | タフじゃなければ生きていけない…。 »

気まぐれ鎌倉ガイド」カテゴリの記事

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31