« 鎌倉にサーカスがやってきた。 | トップページ | 鎌倉古道巡りはいかがですか。 »

2019年4月30日 (火)

平成最後の山行は雲取山へ。

21b5fc60f60f4d258e49db2bccc40172

今年のゴールデンウィークは、東京都と山梨県、埼玉県の一都二県にまたがる雲取山へ一泊二日で行ってきました。

雲取山は、「日本百名山」「花の百名山」「関東百名山」「山梨百名山」「一等三角点百名山」そして「東京都最高峰」といくつもの肩書きを持つやまで、以前から登りたい山のひとつでしたが、片道10kmを超える長い道のり、加えて1200mを超える標高差と、標高は2017mと決して高くはないけど、おいそれとは行ける山ではありません。

そこで休みを利用して昨日から行ってきました。

登りは鴨沢からの登り尾根。途中秩父の狼信仰の狛犬が祀られた七ツ石山にも登ってみたくて、急登を頑張ってきました。

0005d36030f4426e9802717ddef6a101 

七ツ石山の名前の由来となったのは、平将門の伝説にも出てくる七ツ石、そしてこの岩を御神体たする七ツ石神社ですが、こちらの狛犬も狼。

長年山の厳しい環境の中に置かれていた狛犬はボロボロになり、社殿も崩壊してしまっていたところ、昨年あたり社殿が再建され、狼狛犬は社殿の中に安息の地を得ることができました。

会いたかった狼狛犬…痛々しい姿ながら、安住の地を得てくつろいでいるようにも見えました。

839472c3fe174d799942c26c5cb98fa3

そしてこちらが七ツ石山の由来にもなった七ツ石、すごくオーラを感じることができました。

七ツ石山からさらに小雲取山のピークを越えて雲取山へ。

途中から冷たい雨になり、眺望を望むことはできませんでしたが、6時間歩いて到達したその頂はやっぱり感無量のものがありました。

48f5bb703a8b47b49fdaf06b907da34e

雲取山には一等三角点があったのですが、その横にもっと大きな三角点が…。

これは原三角点と言って、明治時代に設置されたい、一等三角点のもととなった大事な三角点なのだそうです。

昨日は山頂から20分ほど下におりたところにある雲取山荘ならお世話になりました。

1efa90f34c794712b7bf08b3792eb2ed

朝5時…ほんとは見たかった山頂からの日の出は望むべくもなく、やっぱり雨。

昨日登った道をひたすら下山して4時間かけて麓の丹波山村へ。

冷えた身体を温めるべく、のめこいの湯に浸かって、ほうとうを食べて無事に帰宅致しました。

« 鎌倉にサーカスがやってきた。 | トップページ | 鎌倉古道巡りはいかがですか。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31