« 近江商人発祥の地へ。 | トップページ | 春一番が吹いた。 »

2019年3月 8日 (金)

二時間半の京都旅行。

16ac1de58148434fb6a273b8d7627ab6
「そうだ 京都、行こう」
昨日の東近江から京都までは電車で一時間弱の距離、せっかくそこまで行くのなら、ちょっと京都まで足を延ばしてみよう…そんな風に行く前から思っていました。
現地の不動産屋さんにそんな話をして、送ってもらったのが能登川駅、到着したのが12時40分すぎでした。京都に着くのが1時半頃…夕方の新幹線で帰るとしても2時間半は観光できそうです。

まだ来週まで、冬の京都の特別公開も実施中です。
まず京都駅から近いのに、今まで行ったことのなかった東寺へ。
こちらは国宝の五重塔と大日如来を中心に仏像を安置した立体曼荼羅が有名です…が、立体曼荼羅は3月26日より東京で開催される東寺展のために仏像達が引越し作業中で三分の一くらいで仏様は見ることができませんでした。
(春の引越しシーズンだからしかたない
その代わり五重塔の一階内部が特別公開中。江戸時代に再建された五重塔の内部には心柱を中心に囲むように配置された四仏座像のお姿を拝見できました。
東寺では別格本山の観智院も特別公開中で、こちらでは宮本武蔵の筆によるという「鷺の図」の襖絵や縁結び、子宝の本尊として信仰を集める「愛染明王」などを拝観させていただきました。


Ef4e75a887c94f9c8dcae2c754e5a8ee
一旦京都駅まで戻ると、今度は東山の建仁寺へ。
建仁寺では見たかった風神雷神図を拝観して、様々な襖絵や庭などを拝観させていただきました。

A841c50a8a234587ab246ef3e75aa6fb
建仁寺の襖絵は高精細デジタル複製のためか、堂内全て撮影可能でインスタ映えスポットのオンパレードといった感じで、レンタルの着物を着てポーズをとる海外からの観光客が多くて、ゆっくり参拝できる雰囲気がなかったのが少し残念でした。
閉館時間まであと30分に迫る中、塔頭のひとつで特別公開中の「両足院」へ。こちらでは伊藤若冲の「雪梅雄鶏図」などを拝観。

D95392e90ec04ace987b597600c5ab60
そして花見小路から祇園界隈を少し散策して京都風情を楽しんで、京都駅より新幹線にて新横浜へと戻りました。

二時間半、かなりピンポイントな京都旅行でしたが、息子の高校卒業旅行でふたりで旅して以来、6年ぶりのに京都を満喫…まではいかないものの楽しくて過ごさせていただきました。

« 近江商人発祥の地へ。 | トップページ | 春一番が吹いた。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二時間半の京都旅行。:

« 近江商人発祥の地へ。 | トップページ | 春一番が吹いた。 »

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31