« 藤沢市民マラソンへ。 | トップページ | 山は遠かった。 »

2019年1月28日 (月)

残念だったこと。

Fe4fb80bcab34b5cb2d1c123cf3a0a5a
去年、東京のとある法人に社宅として借りていただいた貸家の話です。
近隣の自治会の方から、住居ではなくてゲストハウス(民泊)として利用されているのではないかとクレームの電話をいただきました。「ゲストハウスではなくて、社宅として借りていただいているので、そんなことはないはずです。」とお答えしたところ、実際インターネットにゲストハウスとして募集が載っているのだからそんなことはありえないとお叱りを受けました。
借主の法人の方には、ゲストハウスや民泊としてお貸しすることはできないことをきちんと伝えて、契約書にも記載し、契約時にも念を押した際にも、ゲストハウスや民泊ではなくあくまでも社長の家族のセカンドハウス兼社宅としての目的ということでご契約いただいた物件でした。
ところが現実的には、近隣の方からのご指摘の通り、その家をゲストハウスとして運営を始めるにあたってのクラウドファンディング募集の案内が掲載されていました。
ゲストハウスや民泊としての利用については、不特定多数の方が住宅街に出入りするため、近隣の方々の暮らしに多大な影響を与える恐れがあるため、立地や周辺の状況をよく鑑みた上で、賃貸の場合には、貸主の許可をきちんと得なければ運営できません。
今回の貸家については、住居以外の利用は不可の物件で、住居として利用するということで契約したにもかかわらず、ゲストハウスとして運営しようとしていたことは甚だ遺憾なことであります。契約違反ということはもちろんのこと、もともとゲストハウスを目的していたにもかかわらず、嘘をついて契約したという事実がとても残念で悲しい気持ちになります。
こういう借主がいるから、きちんと近隣の方の理解を得てゲストハウスを行おうとする人が営業できなくなってしまうでしょうし、うちの会社としてもそういう方にも物件の紹介を躊躇ってしまうような事態になってしまう訳で、なんだかやり切れない気持ちになります。

今後、ゲストハウスや民泊を検討されている方は、通常の住居の物件は一般的にはゲストハウスや民泊などの商業的利用は不可となっていることと、もしゲストハウス等を営業したいという場合は、必ず事前に許可を得なければならないこと、さらには貸主がいいと言っても、近隣の人々から受け入れられるような施設ではないといけないことなど、様々な点を解決した上でないと営業できないことをよく考えて計画を進めないとせっかくの計画が途中で頓挫してしまわないとも限らないので慎重に進める必要があります。

それにしても、今回の借主には、がっかりするし、残念な気持ちでいっぱいで、せめて自主的に退去してくれたらいいと考える今日この頃です。

気分が悪く滅入ってしまわぬよう、今日は稲村ガ崎の高台で撮影した大好きな水仙の写真にしてみました。


« 藤沢市民マラソンへ。 | トップページ | 山は遠かった。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 残念だったこと。:

« 藤沢市民マラソンへ。 | トップページ | 山は遠かった。 »

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31