« 山と文学。 | トップページ | 鳩の遊び心。 »

2019年1月24日 (木)

峠。

D9c259be540d42bc9ef2523030a20315
峠ー調べてみると「山道を登りつめてそこから下りになる場所。山脈越えの道が通る最も標高の高い地点。(中略)登山用語では乗越(のっこし)、または単に越(こし、こえ)などとも言い、山嶺・尾根道に着目した場合は鞍部(あんぶ)、窓、コル(col)とも言う。」と書かれていました。

山に登り始めの頃、地図にある山(山頂)と峠の違いがわからなくて、同じものだと思っていたのですが、峠は必ずしもその辺りで一番標高の高いところというわけではなくて、むしろ山と山の間の標高の低い部分(鞍部)だったりもするわけです。でもA地点からB地点へ峠を越えていく場合、峠は標高が一番高い場所だったりもするわけで、それが「峠」の意味がわかりにくくなる要因なのかと思います。そんなことないですか?

天城峠と天城山は近くにあるけど、別の場所なんですよね。
なんかクイズの問題になりそうですね。
「天城峠と天城山、標高が高いのはどっち?」

街道の山道を登ってきて峠に着くと、眺望が開けてその先の広がりがよく見えます。
一度道を下った先にまた大きな山が聳え立たのが見えることもあるかも知れません。

年が明けてからずっと忙しかった仕事の峠をようやく越えることができました。峠に着くまでは樹林帯をひたすら登る感じで、周りを見渡すゆとりもない状況でしたが、ようやく峠を越えて、次の山に向かう道が目の前に開けている状況になりました。

明日、明後日ともう少し頑張ったら、日曜日は個人的に休みをいただき、毎年参加している“藤沢市民マラソン”で10マイル(約16km)を走ってきたいと思いますので、よろしくお願いします。


« 山と文学。 | トップページ | 鳩の遊び心。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 峠。:

« 山と文学。 | トップページ | 鳩の遊び心。 »

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31