« いつもとは違う道を通って鎌倉まで。 | トップページ | 三崎海南神社の鮪みくじ。 »

2019年1月 6日 (日)

鐘ヶ嶽へ単独行。

F02485c0442040bdb5d20be57cc44eba
箱根は雪になったとのこと。そろそろ山は雪の季節なので、向かう山は天気予報も睨みながら、安全なところを慎重に決めないといけない時期ですね。
今日向かったのは、厚木の鐘ヶ嶽。頂上のすぐ近くに七沢浅間神社があり、浅間山とも呼ばれることもある信仰の山です。このあたりは室町時代に七沢城があったところで、浅間神社は七沢城主であった上杉氏が寄進したとか。鎌倉とも所縁のある山ですね。一度登ってみたい山のひとつでした。

451ded5b35844774928ceb6bc8dc6e44
登山道は浅間神社への参道となっていて、道沿いには一丁目から上に向かって二十八丁目まで、石仏や石標が続くので、登る道しるべとなり、また仏様を見ながら登れるので退屈しません。
途中からかなりの急登になりますが、しばらく頑張ると江ノ島から三浦半島までを一望する眺望の開けた場所にでます。

8205322625834a5bbcd90718a8a977eb
ここには突端の岩の上に石尊大権現がお祀りされていました。
ここから頂上へのクライマックスは360段の石段。

4787789296ff4589a7c69723f4959831
約100段毎に踊り場があるあるので、見えている階段の頂上まで登るとまた石段が続くなかなかハードな道のりでした。登りきると浅間神社の本殿があるあります。こちらからは相模平野が東方向に開けていて、ランドマークタワーや武蔵小杉の高層マンション群も見えていました。神社から60mほど歩くとそこが鐘ヶ嶽(標高591m)の山頂。こちらにも石像がある二体。説明がないので何の像かわかりませんが、ひとつは日本武尊の様でもありました。ここからの下山道は山ノ神峠を経て広沢寺温泉へと戻る道ですが、急登を同じく距離で下るのでやはり急坂、ところどころに鎖もある道を林道まで下りて広沢寺温泉へと戻りました。

駐車場の近くにはマス釣り場も併設した川魚料理の店がありましたので、こちらで昼食。岩魚の塩焼きと山菜うどんをいただきましたが、岩魚はその場で網ですくったばかりのものを捌いて炭火で焼いたもの。臭みもなくとても美味しかった


E1937629419848e0b34e0f965a2a4d29
下山後は温泉へ。目の前には一軒宿の広沢寺温泉があってこちらも魅力的なのですが、今回はすぐ近くの同じく一軒宿のかぶと湯温泉山水楼へ。

969033017d4048c9840cc1f37e7af6e6
源泉かけ流しのお湯を加温だけしているそうですが、独特のぬるぬるとしたお湯が人気の様で、周りには何もないところなのに続々と入湯客が訪れていました。

鎌倉から1時間ちょっと、厚木市街から少し離れただけの場所ですが、非日常の世界を満喫できる素敵なところでした。

« いつもとは違う道を通って鎌倉まで。 | トップページ | 三崎海南神社の鮪みくじ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鐘ヶ嶽へ単独行。:

« いつもとは違う道を通って鎌倉まで。 | トップページ | 三崎海南神社の鮪みくじ。 »

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30