« 御成不動産的台風の被害状況のまとめ。 | トップページ | 秋の気配。 »

2018年10月 2日 (火)

鎌倉三十三観音霊場 第七番 光触寺

F68ec6efe4e94201b5fc966a00d48159
光触寺は現在は時宗の寺院で、十二所から旧朝比奈の切通しへと向かう道にある静かなお寺です。本尊は阿弥陀如来像。こちらの阿弥陀如来は頬焼阿弥陀として、有名な像です。

D4ad3276a50a475b9a5104bee26050c9
本堂の脇には塩嘗地蔵と呼ばれるお地蔵様が安置されています。
これはかつて金沢街道を横浜の方から塩を運んできた際に、商人がお地蔵さんに塩をお供えしておくと、帰りには潮がすだかり無くなっていることから、塩嘗地蔵と呼ばれるようにらなりました。

3088e25cb49a42bfade94950cc79e152
光触寺に書かれた扁額の文字は、後醍醐天皇の直筆によるものだそうです。

かつては鎌倉への入口のひとつ朝夷奈の切通しに近く、多くの人が行き交ったであろう道沿いのお寺、今は朝比奈からの道はやや北側に作られたこともあって、静かな谷戸の鄙びたお寺といった感じが、素敵なお寺でした。


« 御成不動産的台風の被害状況のまとめ。 | トップページ | 秋の気配。 »

気まぐれ鎌倉ガイド」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233936/74317596

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉三十三観音霊場 第七番 光触寺:

« 御成不動産的台風の被害状況のまとめ。 | トップページ | 秋の気配。 »

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31