« 御成小学校・御成中学校学区・カースペース2台分付の貸家。 | トップページ | ビーチグラスで山を描いてみました。 »

2018年9月18日 (火)

涸沢カールへ…初めてのテント泊。

Ec090faa524944e78bc03e9411c7f8aa
何だか山の雑誌の秋号のタイトルのようですが、紅葉で有名な北アルプスの涸沢カールへと行ってきました。一昨日、仕事が終わってから深夜バスに乗車して上高地へ。
上高地から涸沢カールをめざします。行きは明神池がある穂高神社の奥社にお参りして無事を祈願。明神池の後ろには穂高連峰のひとつ明神岳が聳えていて、道中のパワーをいただいた感じがしました。
片道およそ16km、半分以上はそんなに勾配のない道ですが、かなりの長丁場、一泊二日の分の荷物の重さが肩に堪えます。
本谷橋を過ぎると急登が始まります。思っていたよりハードで、ほぼ登り続きの道に足取りを重くなります。涸沢カール、日本語にすると圏谷、氷河が山を削り取ってできた谷間の土地になります。
勝手なイメージで、ある程度登りきったところで、その下に涸沢カールが広がると思っていたのですが、標高2500m強まで登りきった先にカールの谷の端がありました。


2b10302a35b24300b4d62d0a4e37efd9
テントは常設のテントをお借りしたので、テントは設営しなくても良いので楽々。テント内に今夜の宿の準備をしたら併設する山小屋涸沢ヒュッテに夕食。朝6時から半日以上歩いた後の温かい食事は最高ですhappy02

6164c206745d48afb15540a91dea0c5d
夕方から霧が出てきて雨も降り出し、ちょっと残念な天候に…来る途中、雨に降られなかったなかっただけでもよしとしなければですね。

300e396bcbe84ea3bd3376480c33c036
世間的には連休最後の夜、紅葉にも少し早いとあって、テントも少なめですが、夜にはテントに灯りが入っていい雰囲気に。

紅葉は、し始めたばかりという感じで、まだまだでしたが、夜には満天の星空が広がっていたので、翌朝朝日が穂高連峰にあたって山がアレンジ色に染まるモルゲンロートに期待が高まります。

B42e0f74fee24c42b289636e352fb1d2
早朝5時半…見事なモルゲンロートをみることができました。

04f92f5da2f74415930a7da7ac6bf70b
刻々と移り変わる光景。色づき始めた木々と一緒に撮影。

A83c2e76f5894639a5f0b56876b38a7b
ハードだったけど、初めての経験がたくさんあった涸沢カール。
帰り道、見事な穂高連峰に見送られながら上高地へと戻りました。


« 御成小学校・御成中学校学区・カースペース2台分付の貸家。 | トップページ | ビーチグラスで山を描いてみました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233936/74231787

この記事へのトラックバック一覧です: 涸沢カールへ…初めてのテント泊。:

« 御成小学校・御成中学校学区・カースペース2台分付の貸家。 | トップページ | ビーチグラスで山を描いてみました。 »

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31