« 錦秋の燕岳へ…初めての山小屋泊。 | トップページ | 今度はどこに行こう。 »

2018年9月26日 (水)

思い出は筋肉痛とともに…。

9bd5390d8b314d4ea0451ad8569df148
初めての山小屋。初めての北アルプス表銀座。初めてのメンバーでの山旅…今回もまたたくさんの初めての出来事があった山行きでした。
写真は思い出とともに鎌倉にやってきたものたち。

「悠久を旅する信州の街道」というタイトルの本は下山後に立ち寄った有明温泉の旅館「有明荘」の売店で出会った一冊で、宿泊した山小屋燕山荘のオリジナル、燕まんじゅうと一緒に買ってきたものです。
紹介文の書かれた本の帯のキャッチコピーには『日本武尊が碓氷峠を越えた昔から信州には多くの街道が通っていたー』『旅人たちの原風景が誘う信濃路紀行』とあります。

信濃路、街道と言えば、子どもの頃に大好きだった狩人の「あずさ2号」や「コスモス街道」のメロディーが頭の中に浮かんできます。田園風景の中の街道の交差点にある道祖神、そんな風景に憧れていた頃を思い出して、パラパラとページをめくってみました。


204b212f3c9b43aba2f1b322f3706857
上高地に行く時にバスで通過する沢渡の町並みを見て、ここは昔の宿場町だったところなのではないかと思っていましたが、沢渡もこの本に紹介されていました。沢渡は「塩の道」…越後から塩や海産物、様々な日用品が届けられた千国街道の宿場町だったそうです。乗用車の進入できない上高地へ車で向かう時に、車からバスに乗り換えるところが沢渡であることに必然性を感じずにはいられません。

一期一会。
少し高い値段だったので、迷いましたが、購入してよかったと思いました。

外は雨降り。
秋の夜長、初めての北アルプス三大急登の筋肉痛を太ももに感じながら、信州の宿場町も訪ねてみたいと思う夜です。


« 錦秋の燕岳へ…初めての山小屋泊。 | トップページ | 今度はどこに行こう。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233936/74278779

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出は筋肉痛とともに…。:

« 錦秋の燕岳へ…初めての山小屋泊。 | トップページ | 今度はどこに行こう。 »

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31