« 冬へのエントリーがもうすぐ始まる。 | トップページ | 地図にて復習。 »

2018年5月16日 (水)

昨日は伊豆最高峰天城山へ。

07a2511696884b37ba0bed898add3c72
昨日は天城山へトレッキング。
NHKで放映されたブラタモリを見たからという訳ではなくて、ずっと登りたかったので…そして、この時期の天城山は、アマギシャクナゲの花とミツバツツジの花がきれいに咲いているということで、箱根ターンパイク経由で芦ノ湖の向こうに見事な富士山を見ながら伊豆スカイラインで天城高原へ。
ゴルフクラブの横にあるハイカー専用の駐車場に止めて、登山道入口へ。
今回はシャクナゲコースからまずその最高峰、万三郎岳を登頂して、石楠立、馬ノ背を歩いて万二郎岳に登って駐車場へと戻る周回コース。

10e387b4c263407883e7f951d43ee485
最初は苔むした岩と広葉樹の新緑の圧倒的な緑の中をアップダウンする道。右側が切り落ちた斜面を越えていくと岩の上に根を張る石楠花のピンクの花が…。

9e4b0dcdb0d74452909a678874a4ab74
そこから万三郎岳へは540段ほどの石段を上がり続けます。厳しい道だけど、石楠花の花と、ミツバツツジの花、そして、時折振り返ると木々の間から相模湾を一望する景色が広がり気持ちいいコースです。

984ffeddf4264689afd4d3bb95ddadc1
万三郎岳で小休止して尾根伝いに万二郎岳へ。石楠花の花が身近に見られれます。アセビのトンネルも越えていきますが、アセビの花期は終わってしまっていました。最後再び少し登り返して万二郎岳へ。手前に富士山がきれいに見えるというポイントがあるのですが、霞んでしまってその雄姿を見ることはできませんでした。万二郎岳から石で荒れた坂を下って駐車場へ、休憩も含んでの時間ではありますが6時間。
アップダウンを繰り返す思ったよりハードなコースでしたが、青空と新緑とピンクの花がとても気持ちの良いコースでした。

« 冬へのエントリーがもうすぐ始まる。 | トップページ | 地図にて復習。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233936/73495859

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日は伊豆最高峰天城山へ。:

« 冬へのエントリーがもうすぐ始まる。 | トップページ | 地図にて復習。 »

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31