« 北鎌倉の旧街道に架かる橋。 | トップページ | 嵐の前の静けさ。 »

2018年2月27日 (火)

シダンゴ山から寄ロウバイ園へ。

Cccdff4535d4465ab454e64f4bfe1fe7
本日は定休日。
今年2回目のトレッキングは松田町のシダンゴ山へ行ってきました。
寄自然休養村駐車場に車を停めてトレッキング開始。
集落を抜けると山へ登る斜面は茶畑になっています。足柄茶の産地ですね。

6a4f6430d9194f2a8f800f8373df5d7f
標高は758mとそんなに高い山ではないのですが、頂上からは丹沢山系の山々と松田町の町並み、その先に相模湾を望む眺望のいい山です。
シダンゴ山、変わった名前の由来は6世紀にこの山にはシダゴンという仙人が住み、丹沢の塔ノ岳に住む仙人と行き来していたことによるものだそうだ。シダゴンとは梵語で羅漢を意味するそうで、シダゴンは漢字で書くと震旦郷と書き、これは古くは中国のことをそう呼んだとのことで、中国の仙人が住んでいた山と言った意味なのでしょうか。
シダンゴ山からタコチバ山、宮地山へと縦走して寄自然休養村の駐車場へと戻りました。
タコチバ山もおもしろい名前の山なのですが、こちらの山の名前の由来はわかりませんでした。

駐車場から反対側の山の斜面は一面ロウバイの林になっています。
寄ロウバイ園として、つい先日までロウバイ祭りが開かれていましたが、今年は開催期間が終了。
それでもまだまだ花は十分に見頃で、周囲はロウバイの花の甘い香りに包まれていました。

5b333ce932dc41a2a779f24e068081c8

89e555ed0c224fb0a6e7e19f22ccf9e6
シダンゴ山は宮地山まで回っても3時間かからずに周回できるコースなので、そんなに高い山ではありませんが、雪で行けない山もある中で、冬でも登れる低山として地味ながら楽しい山だと思いました。


« 北鎌倉の旧街道に架かる橋。 | トップページ | 嵐の前の静けさ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233936/73010364

この記事へのトラックバック一覧です: シダンゴ山から寄ロウバイ園へ。:

« 北鎌倉の旧街道に架かる橋。 | トップページ | 嵐の前の静けさ。 »

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31