« 梅の候。 | トップページ | 土曜の夜ではないけれど…。 »

2018年2月20日 (火)

半僧坊を越えて、北鎌倉から今泉不動へ。

Ab229dd2c1734543aa827e4d35dc34a4
先週世田谷の豪徳寺を訪ねてから早いものでもう1週間。
今日はまだ知らない鎌倉の魅力を開拓しようと建長寺から半僧坊を越えて今泉、岩瀬方面を巡ってきました。
最初は鎌倉五山第一の建長寺の向かいにある円応寺へ。こちらは運慶作の閻魔大王を始めとする地獄の門番の十王が本堂の中にぐるりとお祀りされているお寺で、迫力のある像がとても見応えがあって大好きなお寺のひとつです。
そして建長寺のご本尊地蔵菩薩にお参りして、境内の一番奥から山道を登って半僧坊大権現へ。入口では烏天狗が出迎えてくれました。
半僧坊から天園ハイキングコースへと入ると目の前には…

9362a794e59d410e8b9a97a44fd27d57
富士山が町の上にどーんと聳えていました。ここから南側を見ると眼下に今歩いてきた建長寺の境内を、そしてその先には鎌倉の旧市内と海を一望するロケーションです。
天園ハイキングコースをしばらく歩いて今泉の分譲地へと下ります。
分譲地をしばらく歩いて散在ヶ池公園へ。

D3be239e75654a2eb45d779586a30594
鎌倉湖とも呼ばれる散在ヶ池は里山の中にあって、そこにいるとすぐ近くに大きな分譲地があるとは思えない感じです。
そして、鎌倉でも一番の奥地にある称名寺今泉不動を訪ねました。本堂の奥の長い階段を上ると不動堂、その後ろには更に山を登った先に大日如来の像がありました。不動明王は大日如来の化身と言われているそうです。
階段を下りてから左側に更に下がると、陰陽の滝と滝不動があります。

Dc381ba36cd74c8897c4c16b21629570
こちらは男滝。すぐ側に女滝があります。平日なので誰もいなくて、すごくパワーをもらったような気がしました。

今泉から岩瀬へと向かう道は旧東海道にあたるようで道沿いに神社やお寺が点在しています。徳川家康公に所縁のある大長寺は境内も広く境内の手入れも行き届いた素敵なお寺でした。

そして大船の常楽寺へ。交差点の名前が有名な常楽寺ですが、お寺の場所もよくわからず、お参りしたのも初めてでしたが、こちらもとても素敵なお寺でした。

840d242649754982ba13aec097241128
常楽寺から横須賀線の踏切を越えて、北鎌倉方面へと戻り、最後に光照寺へ立ち寄りました。光照寺は山門のクルス紋と呼ばれるマークに十字架が刻まれており隠れキリシタンが信仰していたのではという説もあるお寺です。

今回訪れた鎌倉は、鎌倉と言っても観光の人が訪ねることのあまりないところばかりでしたが、まだまだ知らない鎌倉でも素敵なところがたくさんあると思いました。

暖かくなって人が多い季節になったら、逆に人の少ないこのエリアを巡る小トリップもおすすめです。


« 梅の候。 | トップページ | 土曜の夜ではないけれど…。 »

気まぐれ鎌倉ガイド」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233936/72963164

この記事へのトラックバック一覧です: 半僧坊を越えて、北鎌倉から今泉不動へ。:

« 梅の候。 | トップページ | 土曜の夜ではないけれど…。 »

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31