« 北斎からゴッホへ。 | トップページ | 今年は戌年。 »

2018年1月 5日 (金)

町か街か…。

0f32975e44714c93ace865abcbfebef8
まちという言葉には、「町」という漢字と「街」という漢字のふたつがあります。御成不動産日記を書いている時に鎌倉のまちについての「まち」は「町」なのか「街」なのか、よく迷って、結果、ひらがなで書いたりします。
「町」という漢字は、行政区分としての町を連想させるし、市に対して町と考えると規模が小さいイメージがある気がします。
「街」という漢字は、街路樹、商店街、市街地など、人口的なイメージがあります。
鎌倉のまちは「町」なのか「街」なのか。
週刊誌の記事を読んでいたら、アースダイバーという連載記事の中で中沢新一氏が町と街について、書かれた記事があって、なんだかすごくしっくりきたので、紹介させていただきます。
『「町」と書くと、水田から生まれた富の集積を連想させるが、街のほうはまっすぐな道の両側に並ぶ家並みを想起させる。』
この解釈で捉えると鎌倉はもともと町だったのだと思いますが、かなり早い段階で源頼朝が幕府を置いたことで街が成立しました。しかし、幕府が鎌倉からなくなったあと、再び町に戻っていた時期が長く続いて、別荘文化のころから再び街としての機能が復活してきたまちであり「町」の要素と「街」の要素が混在するまちなので、「町」なのか「街」なのかが難しいところなのだと思います。
この「町」でもあり「街」でもあるところが、鎌倉の魅力のひとつであったりするのではないかと思います。

« 北斎からゴッホへ。 | トップページ | 今年は戌年。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233936/72622018

この記事へのトラックバック一覧です: 町か街か…。:

« 北斎からゴッホへ。 | トップページ | 今年は戌年。 »

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31