« 彼岸花の先に江ノ電が走る風景。 | トップページ | 9月の終わり。 »

2017年9月28日 (木)

鎌倉と伊豆を結ぶストーリー。

Fullsizerender
去年の春、貝殻&ビーチグラスアートの作品展をさせていただいた伊豆高原のギャラリー“In the GARDEN”で、その時ご一緒させていただいたmimosa345さんの個展が明日から10月3日まで開催されます。

今回もまた素敵な手編みのニットのベストが沢山展示されるそうです。
今年の春にmimosa345さんから、貝殻で作ったフラワーのブローチを作ってもらえないかとリクエストをいただいていたので、この夏にぼちぼち作って先日お送りさせていただきました。

Img_2090
そのお礼にと、伊豆から美味しい和菓子を送っていただきました。ひとつは正に今の季節にぴったりの「やま柿」。干し柿を食べやすくした様な柿の美味しさが魅きたつ素敵なお菓子です。
そしてもうひとつは「逢初」。網代の和菓子匠“間瀬”さんのお菓子ですが、逢初の由来は、伊豆山神社の参道脇の逢初橋。源頼朝がその妻政子と恋に落ちた時に待ち合わせしたのが伊豆山から流れる渓流にかかるこの橋の上だったそうです。
きれいな名前のお菓子ですが、その由来を聞くと鎌倉との不思議なご縁にますます素敵な名前だなと思ってしまいました。

さて、伊豆高原に届いた貝殻フラワーのブローチは、mimosa345さんのベストをお求めいただいた方のベストに着けてプレゼントされるとのこと。
鎌倉産の貝殻ブローチのまた新しいストーリーがそこから始まるのかもしれないと思うと何だかすごくワクワクした気持ちになります。


« 彼岸花の先に江ノ電が走る風景。 | トップページ | 9月の終わり。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233936/71834509

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉と伊豆を結ぶストーリー。:

« 彼岸花の先に江ノ電が走る風景。 | トップページ | 9月の終わり。 »

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31