« 今年は酉年。 | トップページ | 江ノ電由比ヶ浜駅徒歩3分の1LDK積水ハウスシャーメゾン賃貸住宅。 »

2017年1月10日 (火)

陽光礼賛〜シンクロニシティを感じた葉山。

Img_6216
今日は葉山の神奈川県立近代美術館に行ってきました。先日娘にもらった招待券の期限が今月の15日まで。今日行かないと無駄になってしまうので、慌てて葉山へ。
現在開催中の展覧会は『陽光礼賛ー谷川晃一・宮迫千鶴展』
おふたりはご夫婦で、1998年に伊豆高原に移住されたそうです。作品展のパンフレットの裏面には『伊豆高原での日々の暮らしや自然へのまなざし、ネイティヴな文化への憧れなどをテーマにした、明るい色彩に満ちた作品の数々を、葉山館という海に面した陽光あふれる場所でご覧ください。』と紹介されています。伊豆高原といえば、昨年5月に貝殻工作とビーチグラスの作品展を開催させていただき、伊豆高原アートフェスティバルに参加させていただいた場所、谷川氏の作品の中には、何度も通った大室山の風景を描いた作品もありました。

Img_6215
不思議なご縁にミュージアムショップで、「伊豆高原アートフェスティバルの不思議」と「伊豆高原のアトリエにて」の二冊の本を購入してしまいました。谷川氏は伊豆高原アートフェスティバルを始められた主催者のお一人なのだそう。

Img_6214
伊豆高原アートフェスティバルの不思議の本をめくると“シンクロニシティ”という言葉が出てきます。『シンクロニシティっていうのは、ユングが提唱した概念で、意味ある偶然の一致というような意味なんですけども…。』
一昨年の長谷で作品展に来ていただいた方のご縁で、昨年春に伊豆高原アートフェスティバルに参加。そのアートフェスティバルの主催者の作品展と知らずに訪問…まさにシンクロニシティと思える本日でした。
Img_6217
その葉山でどこかで出会ったような彫刻が展示されていたのですが、この作品「こけし」はイサム・ノグチの作品で、昨年閉館した神奈川県立近代美術館の鎌倉館の中には展示されていたものでした。道理でどこかで出会った気がしたわけです。
こけしたちは葉山の陽光を浴びて気持ちよさそうに葉山の緑を眺めていました。

陽光礼賛…シンクロニシティを感じた葉山でした。


« 今年は酉年。 | トップページ | 江ノ電由比ヶ浜駅徒歩3分の1LDK積水ハウスシャーメゾン賃貸住宅。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233936/69193894

この記事へのトラックバック一覧です: 陽光礼賛〜シンクロニシティを感じた葉山。:

« 今年は酉年。 | トップページ | 江ノ電由比ヶ浜駅徒歩3分の1LDK積水ハウスシャーメゾン賃貸住宅。 »

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31