« まるごとリノベーションして飲食店にいかがですか。 | トップページ | 上高地へ。 »

2016年10月30日 (日)

東と西。

Img_4680
鎌倉駅を中心としたいわゆる旧鎌倉のエリアは東と西とで町の表情がだいぶ異なっています。
もともと地形的には市内の中心部を流れて海へとそそぐ滑川で東と西に分かれていますが、歴史的には源頼朝が行なったまちづくり、北にある鶴岡八幡宮から海へと南北に延びる若宮大路によって鎌倉のまちは東と西に分かれています。
滑川も若宮大路もほぼ昔からの位置を変えずにそのままありますが、現在鎌倉のまちを東と西に分けている大きな要因は昭和に入ってから作られた横須賀線ではないでしょうか。
朝夕は鎌倉から横浜東京へと通う通勤電車、昼間そして休日には鎌倉に訪れる観光客を運んでくる観光電車としての顔を持つ横須賀線ですが、もともとできた時には軍港横須賀へと人や物資を運ぶ軍事列車としての側面もあったとか。だから円覚寺の境内を突っ切って、若宮大路を横切って、今では考えられないようなルートをとったのかもしれませんが、横須賀線は今の鎌倉の中心部を東と西に分けています。

鎌倉駅の改札口も東口と西口の二ヶ所。
そして同じ鎌倉でも東口と西口ではまちの表情がだいぶ異なります。東口は鎌倉の表の玄関口。ロータリーには様々な方面に向かうバスターミナルにバスが何台も停車して、左側には鎌倉で一番賑わう小町通りの入口もあります。ロータリーから直進すると若宮大路、北へと向かえば段葛から鶴岡八幡宮、南へ向かえば海が広がる正に鎌倉の表の玄関口です。

西口は鎌倉市役所、税務署、水道局、社会福祉センター、図書館、移転はしてしまいましたが法務局など、暮らしに必要な施設がたくさんあって、商店街も観光客よりも地元の人のほうが多い御成通り、由比ヶ浜通りなど、観光地の顔も持ちつつも、住宅地としての側面が強く見られる気がします。

御成不動産はそんな西口にあるのですが、少し寒い位の今日の夕方、今日はさすがに観光の方も少なめだなぁと思いながら、東口に出たらもう暗くなる頃なのに、普通に歩くのが大変なくらいの人出で、東と西の違いを歴然と感じた瞬間でした。

古くから鎌倉に暮らす人が、東口を表駅、西口を裏駅と呼ぶのも何となく理解できる気がしました。

写真は今日の夕方の小町通り入口。
すごい人出でしょ。

« まるごとリノベーションして飲食店にいかがですか。 | トップページ | 上高地へ。 »

鎌倉よもやま話」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233936/68182411

この記事へのトラックバック一覧です: 東と西。:

« まるごとリノベーションして飲食店にいかがですか。 | トップページ | 上高地へ。 »

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31