« 明日は定休日。 | トップページ | この木何の木気になる木。 »

2015年6月16日 (火)

鎌倉から始まった。

Image
今日は定休日でしたが、昼まで鎌倉市役所で会議。
せっかく鎌倉駅の方まで出たので、鶴岡八幡宮まで歩いて、前から気になっていた、鎌倉国宝館で開催中の“常盤山文庫名品展”と来年1月をもって閉館が決まっている平家池の畔にある神奈川県立近代美術館で開催中の“鎌倉から始まった。”を見学してきました。

別荘地としての鎌倉山の開発に尽力した実業家「菅原通濟」のコレクションの中から鎌倉禅林の墨蹟と頂相を特集した展覧会では、鎌倉時代の書ももちろん見事でしたが、個人的には同時に展示されている同時代の中国から輸入された『青磁』を観に行きたいと思っていましたので、すごく良かったです。

青磁は今でも鎌倉時代の遺跡から発掘されるほか、鎌倉の海岸にはその当時の欠片が今なお流れ着きます。

そして、土地所有者である鶴岡八幡宮との賃貸借契約が満了することから、来年の1月に閉館することが決定している近代美術館は、日本初の公立の近代美術館で、その開館は1951年と、今から64年も前に遡ります。

建築家『坂倉準三』の設計による建物は、その一部が平家池に迫り出すような設計で、今なおデザイン的にも古さを感じさせない素敵な建物です。6月21日まで開催中の第一部では『近代美術館のこれから』と題し、その現在と未来について、これまでの展示作品からこれからを見据えていこうという企画になっています。

Image_2

Image_3
建物2階にある池に臨むカフェで、少し遅めのランチ。参道を歩く遠足の子ども達の歓声を遠くに聞きながら、池を越えてくる風を感じるオープンエアの席は、混み合うこともなくて、ゆったりとしたひとときを過ごせませた。

その後、少し北鎌倉の方に歩いたところにある鎌倉別館へ。
こちらは、片岡球子や小倉遊亀など美術館が所有する日本画のコレクションの展示。

アジサイで賑わうこの季節、平日でも小町通りは人でごった返していましたが、鎌倉国宝館も近代美術館も並ぶこともなく、ゆっくりと観覧できて、素敵な休日となりました。

鎌倉国宝館の『常盤山文庫の名品』は6月28日の日曜日まで。
神奈川県立近代美術館の『鎌倉から始まった。』の第一部は6月21日の日曜日までの開催となっています。


« 明日は定休日。 | トップページ | この木何の木気になる木。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉から始まった。:

« 明日は定休日。 | トップページ | この木何の木気になる木。 »

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31