« 夕日も満月も見えなかったけど…。 | トップページ | 稲村ガ崎・七里ガ浜エリアで賃貸をお探しの方におすすめ。 »

2014年9月10日 (水)

「写真」の話。

「写真」は撮るのも見るのも好きで、Facebookでもいいな!と思った鎌倉の風景などをアップしていますが、今日はその写真とは、ちょっと違う写真の話です。
先週の休みに世田谷美術館に行ったことは、日記に書きましたが、その際ミュージアムショップで気になって、こんな本を購入しました。
Image
東海道五十三次で有名な歌川広重(安藤広重)が書いた絵手本手引草…子供達の絵の入門書として書かれた本ですが、この中を見ると、見たままをそのまま描いた絵には「写真」の文字が…。

写真の語源は、読んで字の如く『真実を写す』こと。
そういう意味で言えば、見たままをそのまま描いた絵はまさに「写真」と言えるでしょう。
この本のあとがきには『画は物のかたちを本とす、なれば写真をなして、是に筆意を加ふる時は則画なり…後略』
Image_2
見たままを忠実に再現した画のことを写真と呼んでいるようです。

まだカメラが日本には存在していなかった頃の話になりましょうか。
広重の書いた絵手本の本を見ながら、ものごとを見たままに描くことも難しいけど、カメラで見たままの風景をそのまま写して、自分の目で見えたとおりにブリントするのもすごくむすがしいものですね。

« 夕日も満月も見えなかったけど…。 | トップページ | 稲村ガ崎・七里ガ浜エリアで賃貸をお探しの方におすすめ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「写真」の話。:

« 夕日も満月も見えなかったけど…。 | トップページ | 稲村ガ崎・七里ガ浜エリアで賃貸をお探しの方におすすめ。 »

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31