« 日本橋人形町へ。 | トップページ | 「子宝」に恵まれる。 »

2014年1月15日 (水)

市役所の絵の話。

今日は寒かったですね。最高気温が5度以下だったとか。冷蔵庫の中にいるようなものですね。鎌倉は雪にならなかったからよかったですが…。

話は全く変わりますが、今日物件の査定のための調査で鎌倉市役所に行ったときのこと。市役所の階段の踊り場に絵が飾ってあるのは知っていたのですが、「風景」というタイトルのついた絵の作者をみたら“有島生馬”と書いてあるではありませんか。有島生馬と言えば、昔教科書に出てきた雑誌「白樺」の創刊に関わった有島三兄弟の画家で、作家有島武郎の弟で、里見弴のお兄さんではありませんか。信州新町には記念館まである著名な画家の絵が、なにげなく飾られているのにびっくり。
Image
もしかして他の絵も著名な方のものなのかなと思ってネットで調べてみました。

Image_2
一階から二階に上がる階段の踊り場にあったこちらの絵の作者は、勝呂忠。昭和後期の洋画家で、舞台美術なども手がけ京都産業大教授や多摩美術大学の助教授なども務め、その作品は平塚市立美術館に収蔵されていました。
そんな美術館にあってもおかしくない作品たちがなにげなく飾られている鎌倉の市役所。有島生馬さんも鎌倉に住まれていた方なので、作品があるのだと思いますが、鎌倉のまちのポテンシャルの高さを改めて感じたひとときでした。


« 日本橋人形町へ。 | トップページ | 「子宝」に恵まれる。 »

鎌倉よもやま話」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233936/54621678

この記事へのトラックバック一覧です: 市役所の絵の話。:

« 日本橋人形町へ。 | トップページ | 「子宝」に恵まれる。 »

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31