« 久しぶりの…。 | トップページ | ファンウェーブを横目に。 »

2013年6月26日 (水)

「湘南」らしい海の風景。

「湘南」らしい海の風景といえば、サーフィン、江ノ島、ヨット、江ノ電、富士山・・・となるのかも知れませんが、もともと「湘南」のいう言葉は、明治時代に入って、中国を旅した文人たちが湖南省洞庭湖の南岸にある、風光明媚な「簫湘湖南」の風景に湘南地方の風景が似ていることからその名がついたと言われているので、本来の意味での「湘南」らしい海の風景とは、こんな感じなのかも知れません。

Photo_3

これはきのう坂ノ下の岸壁から、逗子葉山方面をcamera写したものです。霞みながら幾重にも重なってうっすらと山が連なっていく様は、さながら中国の山水画のようです。

写真ではうまく写すことができませんでしたが、実際にはもっと山が重なる感じが立体的に見えて、134号線から一段下がった岸壁から見ていると、行ったことはない「簫湘湖南」ってこんな風景なのかなと思ってしまいます。

Photo_5←欲を言えば、こんな鳥が空を渡っていたりしたら、もっとそれらしいと思いますconfident

カラフルでアクティブな「湘南」の海も大好きですが、モノトーンで静かな「湘南」の海も湘南らしくていいと思います。

« 久しぶりの…。 | トップページ | ファンウェーブを横目に。 »

私の好きな鎌倉の風景」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233936/52188671

この記事へのトラックバック一覧です: 「湘南」らしい海の風景。:

« 久しぶりの…。 | トップページ | ファンウェーブを横目に。 »

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30