« GWの穴場はどこだ? | トップページ | ハマヒルガオの花。 »

2013年5月 6日 (月)

梶原、寺分のあたり。

今日は車carの定期点検で西鎌倉へ。点検は一時間くらいとのことなので、またまた湘南モノレールに乗って湘南深沢へ。梶原、寺分のあたりを少し歩いてみました。

Photo ←駒形神社の境内からの眺望です。

梶原という地名は、むかし梶原景時・景季父子の先祖である鎌倉権太夫影通がここに住んで、梶原氏を名乗っていたことによるそうです。

寺分は、ここにあった大慶寺という寺の領分という意味で「大慶寺分」と呼ばれてことに由来するそうです。

鎌倉と言っても観光で訪ねるひとはほとんどいないこの地域ですが、今でも地域根ざした神社やお寺が残っています。

今日は鎌倉子ども風土記をガイドブックにしながら、等覚寺、御霊神社、大慶寺、駒形神社、東光寺を訪ねました。近くを車で通ることはありましたが、それぞれ訪れるのは初めてのところばかりで、まだまだ鎌倉も知らないところがたくさんあると思いました。
それぞれの神社仏閣は自然の山を背にして、寄り添うようにあるいは向かい合うように建っていて、鎌倉時代に鎌倉への進入路の入口の要害の地であったことを偲ばせるようです。

記載した地名の由来は、鎌倉子ども風土記によるものを転載させていただきました。

« GWの穴場はどこだ? | トップページ | ハマヒルガオの花。 »

気まぐれ鎌倉ガイド」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233936/51517101

この記事へのトラックバック一覧です: 梶原、寺分のあたり。:

« GWの穴場はどこだ? | トップページ | ハマヒルガオの花。 »

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31