« クロダカラ(黒宝)を拾いました。 | トップページ | 渚のアートな漁師小屋。 »

2013年1月 9日 (水)

鎌倉 江ノ島 七福神巡り

鎌倉江ノ島七福神巡拝のリーフレットによると、『七福神は福神信仰に由来するもので、夷尊神(恵比寿)、大黒天、弁財天、毘沙門天、布袋尊、福禄寿、寿老人をいいます。これらの福神を参詣して回ると、除災招福・諸願成就がもたらされるといわれ、江戸時代にお正月の行事として一般化しました。現在ではお正月に限らず参詣されています。』

ということで、きのうは、お正月らしく鎌倉江ノ島七福神巡拝に行って参りました。鎌倉江ノ島七福神は、江島神社の江島弁財天、長谷寺大黒天、鶴岡八幡宮の旗上弁財天、妙隆寺の寿老人、御霊神社の福禄寿、浄智寺の布袋尊、宝戒寺の毘沙門天、本覚寺の夷尊神の七福神なのに八つの寺社を巡って、それぞれの寺社ではご朱印(各300円)をいただけます。

エコな巡拝と体力アップを目指してsign02ランニングで回りました。

Photo

まずは山を越えて、坂ノ下の御霊神社の福禄寿。こちらの福禄寿は9月に行なわれる面掛行列のお面のひとつで宝蔵庫に収蔵されていました。

Photo_2

続いて、長谷寺の大黒天。大きな観音様を拝んだ後に、神奈川県内最古という大黒天を参拝しました。

Photo_3

ここからちょっと長距離。源氏山、葛原岡神社を越えるトレイルランで、北鎌倉の浄智寺の布袋尊。布袋様はちょうど冬の陽だまりに暖かそうに立っておられました。

Photo_4

ここから、巨福呂坂の切通しを越えて、鶴岡八幡宮の源氏池の中の島にある旗上弁財天へ。こちらの弁財天の実物は境内の中にある鎌倉国宝館に安置されています。

Photo_6 

そして、萩のお寺として有名な宝戒寺へ。こちらの毘沙門天は、本尊の地蔵菩薩の左側に祀られていました。本堂が暗いので、その姿を拝むことができないのが、少し残念でした。

Photo_7

そして小町大路を少し南に走って、妙隆寺の寿老人を参拝。こちらの像は欅の一木造だそうです。

Photo_8

七福神最後は、本覚寺の夷尊神。恵比寿さまは七福神の中でただひとりの日本の神様だそうです。

Photo_9

ここまで走って午後1時を過ぎたので、昼食。あとひとつ江島神社の江島弁財天へは、rvcarで移動しました。江島神社の弁財天には二体の弁財天が祀られていますが、そのうち一体は全裸で琵琶をもったお姿。ちょっとセクシーな仏様でした。

以上、八社寺を巡るショートトリップ。初めての体験でしたが、こういう目的を持って、回るのも楽しいものだなって思いました。基本的に仏様はcamera禁止なので、実際の仏様を見たい方は七福神巡りに挑戦してみてくださいねhappy01

« クロダカラ(黒宝)を拾いました。 | トップページ | 渚のアートな漁師小屋。 »

気まぐれ鎌倉ガイド」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233936/48671186

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉 江ノ島 七福神巡り:

« クロダカラ(黒宝)を拾いました。 | トップページ | 渚のアートな漁師小屋。 »

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30