« 歌碑「さくら貝の歌」の話 | トップページ | 枯れ木に花を咲かせましょう! »

2012年12月20日 (木)

(防3)と書かれた器の正体とは…。

この前の休みに由比ガ浜で見つけてしまったこちらの器の破片・・・。

121218

大きく ・・・食と書かれた下に(防3)の文字。ほかに読めるのは・・・食糧株式会社、そして、小澤専七郎謹製の文字。

なんだかわからないけど、食料が入っていた入れ物のようで、防3の文字から戦時中のものかなって推測しながら、インターネットで調べてみました。

なんと、便利な世の中です

この断片的な情報を入力しただけで、出てきました

Photo

完全な形ではこんな形の物で、大日本防衛食糧株式会社の「防衛食」の入れ物のようです。防衛食とは、太平洋戦争中の非常食缶詰の代用品で、有田の陶磁器会社で作られていたようです。昭和17年から18年くらいのことのようですので、かれこれ70年近く前の代物です。

どんな経緯をたどって、由比ガ浜に流れ着いたのか考えると、すごく不思議ですね

ちなみにこの会社の社長の小澤専七郎氏はその後、国会議員になりましたが、昭電疑獄という事件で、贈賄の容疑で逮捕されたようです。・・・とりあえず、自分の製品に名前を書いておかなければ、こんなことも調べられなかったので、自分の物には必ず名前を書いておくって大切なことなのかも知れませんね

« 歌碑「さくら貝の歌」の話 | トップページ | 枯れ木に花を咲かせましょう! »

My海コレクション」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (防3)と書かれた器の正体とは…。:

« 歌碑「さくら貝の歌」の話 | トップページ | 枯れ木に花を咲かせましょう! »

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31