« 鎌倉生活のスタートはこのあたりから始めてみる。 | トップページ | 雨上がりの朝。 »

2012年4月13日 (金)

少なくとも58年以上は前の陶器のかけら。

最近、休みの日に予定が入っていることが多くて、なかなかビーチコーミングに行けていないので、少し昔に拾ったコレクションのご紹介

Photo

横須賀の秋谷あたりの海では、ビーチグラスはもちろん、古い藍染の食器のかけらが拾えるのですが、そのなかのひとつ・・・湯呑のかけらです。

この湯呑、逗子町の大橋園ってお茶屋さんがお客様に配ったもののようです。大橋園ってお店、残念ながらもう逗子にはないようで、タウンページで見つけることはできませんでした。

逗子町って書いてありますが、逗子の歴史を調べてみたら、逗子町が逗子市になったのは、昭和29年(1954年)4月15日とのこと。ってことは、この湯呑がつくられたのは、少なくとも今から58年以上昔ってことですよね。

海に落ちていた陶器のかけらにも、歴史とロマンを感じませんか

« 鎌倉生活のスタートはこのあたりから始めてみる。 | トップページ | 雨上がりの朝。 »

My海コレクション」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少なくとも58年以上は前の陶器のかけら。:

« 鎌倉生活のスタートはこのあたりから始めてみる。 | トップページ | 雨上がりの朝。 »

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31