« スマイル! | トップページ | 大町二丁目~逆川に面する住宅地 »

2011年12月 8日 (木)

急募!ビーチグラス というお話。

東日本大震災で被災された方に、ビーチグラス直径90cmの球体のランプを作って、来年の3月11日に被災地にその暖かい“光”を届けたいと頑張っている人がいます。

今週の火曜日に、横須賀の秋谷にビーチコーミングに行ったときに、鵠沼海岸に住んでいる亀井雄介さん(29歳)のご家族から、あまっているビーチグラスがあったら分けて欲しいって声をかけられました。

以下、亀井さんからいただいた依頼文をそのまま掲載させていただきます。

『私はシーグラスランプを作成しており、シーグラスを拾いによくここへ足を運んでおります。今回お願いがあってまいりました。3月11日の東北大震災の津波で被害にあった方や海を嫌いになってしまった方の為に少しでも何かできないかと考えていました。

私はお金を寄付することもそんなにできないし、何かを変える力もないし・・・できることはシーグラスでランプを作ることくらいです。波は時に恐怖となって襲いかかってきます。今回の津波は計り知れない力を持った怖い波でした。私は同じ波の力でも、とんがったガラスを丸め、こんなにあたたかい光をくれるシーグラスも波の力でできているのだ という事を被災地の方に知っていただければと思います。被災地へ大きなシーグラスランプを寄付し、被災者の心の傷を、少しでもランプの光で癒してあげられればと思っております。

ただランプを作るには、とてもたくさんのシーグラスが必要とされます。そこで地元の皆さまに是非ご協力をお願いしたいのです。

シーグラスを持っていたら譲っていただけないでしょうか?

お知り合いでシーグラスを集めている方がいたら声をかけて頂けないでしょうか?

シーグラスランプは 2012年3月11日(日)に被災地で光を灯せるよう作成を頑張ります。

シーグラスが集まったら ご連絡いただければ受け取りに行きます。また、シーグラスはできれば、ひらったい、平らのシーグラスを拾っていただければと思います。 まれにビー玉も落ちていますが、ビー玉はランプの花の中心部分に使われるために拾っていただければと思います。時間があまりないので、何卒ご協力よろしくお願いします。

連絡先 090-6344-1173 自宅0466-77-4365 メール rob-machado1173@ezweb.ne.jp  〒251-0037 藤沢市鵠沼海岸7-3-25 スカイハイツ201 亀井 雄介』

被災地の方と同じように海の近くに暮らすものとして、そして、同じように津波の可能性があるまちに暮らすものとして、本当に他人事ではない今回の震災に、同じビーチコーミングを愛するものとして、亀井さんの取り組みを応援できれば、と思いました。

Photo

Photo

Photo_2

亀井さんの作られた直径20cmのランプがこちらです。この90cmバージョンを3月まで作る限られた時間の中で、すごく大変な挑戦だと思います。応援していただける方がいらっしゃったら、是非亀井さんにビーチグラスの提供をお願い致します。

« スマイル! | トップページ | 大町二丁目~逆川に面する住宅地 »

My海コレクション」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 急募!ビーチグラス というお話。:

« スマイル! | トップページ | 大町二丁目~逆川に面する住宅地 »

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31