« ヒキガエルの話 | トップページ | 『砧』の話 »

2011年10月13日 (木)

六地蔵

鎌倉駅西口から今小路を海のほうへ向かうと由比ガ浜通りとの交差点が「六地蔵」です。六地蔵の由来は、この交差点の脇に6つのお地蔵さんがあるから。

Photo

もともと六地蔵の北側のあたり、ちょうど御成小学校の前あたりに鎌倉時代の問注所・・・今で言う裁判所があって、当時裁判にかけられた人が処刑されたようです。処刑された人の霊を慰めるためにお地蔵さんが祀られたのでしょうか。

お地蔵さんの脇には、なぜか松尾芭蕉の句碑があります。

句碑に刻まれた句は『夏草やつわものどもが夢のあと』。この句碑は、松尾芭蕉の弟子の松尾百遊という人が建てたとのことです。

今は自動車と人が行きかう交差点の脇に、ぽつんとある六地蔵。

「六地蔵」の交差点は有名ですが、そこにある六地蔵は、気にとめなければ気が付かないくらい静かにそこにあります。『夏草やつわものどもが夢のあと』という句が妙にしっくり来るような気がしました。

« ヒキガエルの話 | トップページ | 『砧』の話 »

気まぐれ鎌倉ガイド」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233936/42493622

この記事へのトラックバック一覧です: 六地蔵:

« ヒキガエルの話 | トップページ | 『砧』の話 »

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30