« 夏の宿題 | トップページ | 頑張ろう東北!!復興支援 鎌倉ビーチフェスタ2011 »

2011年8月24日 (水)

かまきりの話。

きのう草刈りを終えて、ふと見ると玄関先に小さなカマキリが1匹。

Photo_3

このカマキリ、小さいけどこれで大人なのかななんてふと気になって、カマキリの一生ってどんな何だろうって調べてみました。

カマキリは卵から出る時に、最初の脱皮をして、前幼虫から幼虫になって、外界へと出るようです。この幼虫は体長が数mm程度しかないことと、翅がないことを除けば、成虫と同じ姿をしているようです。成虫になるまでには数回の脱皮を繰り返すようです。成虫としての寿命は数ヶ月程度だそうで、オスの方がメスより小さいのが一般的みたいです。

ってことで、昨日玄関先でみかけたカマキリは、子供ってわけではなくて、どうもコカマキリという種類みたいです。コカマキリは一般的には緑色ではなくて、褐色をしているようで、日に焼けたから褐色になったというわけではないようです

このカマキリ、漢字で書くと、蟷螂となんとも怖そうな感じですが、英名にすると“mantis”だそうで、このmantisは“預言者”の意味でもあるとのこと。

玄関先で見かけた小さな預言者。もしかして、何かを予言してくれていたのかもしれないですが、そのときは全くそんなことに気付きませんでした

« 夏の宿題 | トップページ | 頑張ろう東北!!復興支援 鎌倉ビーチフェスタ2011 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かまきりの話。:

« 夏の宿題 | トップページ | 頑張ろう東北!!復興支援 鎌倉ビーチフェスタ2011 »

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30