« ミシュランに鎌倉が・・・。 | トップページ | 本日休業 »

2010年4月24日 (土)

鎌倉七口 巨福呂坂

鎌倉時代、源頼朝が鎌倉の地に幕府を構えたのは、鎌倉が三方を山で囲まれ、一方は海に面して、敵からの攻撃を受けにくい場所であったからというのは有名な話です。

そして、鎌倉に入るには鎌倉七口あるいは七切通しと呼ばれる入口から入るほかはありませんでした。道が広がって便利になった今でも、鎌倉に入ってくるには、基本的にこの道を通って入るしかありません。このことは、鎌倉に渋滞を引き起こす原因にもなっているとともに、街なかに独特の鎌倉らしさを残す要因のひとつにもなっている鎌倉の街のおおきな特徴のひとつだと思います。

鎌倉十井に続いて、鎌倉七口のご紹介をさせて頂きたいと思います。

まず最初は、北鎌倉方面から鎌倉に至る巨福呂坂、今は小袋坂と書きますが、新しい道は、鶴岡八幡宮から県立近代美術館別館の脇を上がったバスも通れる快適な道となっています。

Photo

休みの日に、八幡宮のところから左に折れた旧道を訪ねてみました。旧道は頂上付近で道が途切れてしまって通り抜けることができませんが、脇に道祖神のようなものがある急な坂で、坂を登りきって振り返った時、そこを吹き抜けたさわやかな風に、いざ鎌倉とはせ参じた武士がこの頂上に立った時にも、こんな風を感じたのかなと思いました。

« ミシュランに鎌倉が・・・。 | トップページ | 本日休業 »

気まぐれ鎌倉ガイド」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233936/34364594

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉七口 巨福呂坂:

« ミシュランに鎌倉が・・・。 | トップページ | 本日休業 »

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28