« 鏑木清方記念美術館に程近い閑静な住宅地 | トップページ | 人気の材木座。海を望む貸家。 »

2010年3月12日 (金)

鎌倉十井 底脱の井

鎌倉十井のひとつ『底脱の井』は、扇ガ谷の海蔵寺の門前にあります。見ての通り、底がぬけているどころか、しっかり底が見えていますが、これは、中世の武将安達泰盛の娘、千代能がここに水を汲みに来たときに、水桶の底がすっぽり抜けたため

「千代能がいただく桶の底脱けて 水たまらねば月もやどらず」

とうたったことから、この名がついたといわれています。 井戸の底ではなく、心の底が抜けて、わだかまりが解け、悟りが開けたという解脱の歌だそうです。

Photo

Photo_4   

井戸は、海蔵寺の門前の右側の道路の脇に昔からの佇まいを残してそこに満面の水を湛えていました。周りの緑とあいまって、静かな井戸の脇に立っていると、千代能が後ろから歩いてきてもおかしくないような雰囲気のある井戸です。

« 鏑木清方記念美術館に程近い閑静な住宅地 | トップページ | 人気の材木座。海を望む貸家。 »

気まぐれ鎌倉ガイド」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233936/33738688

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉十井 底脱の井:

« 鏑木清方記念美術館に程近い閑静な住宅地 | トップページ | 人気の材木座。海を望む貸家。 »

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31