« 新生活応援キャンペーン対象物件 | トップページ | 寒い土曜日でした。 »

2010年2月 5日 (金)

洋館の中に入ってきました。

鎌倉には、明治から昭和の初めの頃に、当時の政財界の人や文化人が建築した洋風建築物が多く残されて、鎌倉らしい街並みを作る大切な要素となっています。

きのうは、そんな洋館のひとつで、現在は旅館として活かされている『かいひん荘鎌倉』で集まりがあり、中を拝見させて頂きました。江ノ電の由比ガ浜駅を下りて、由比ガ浜の海にむかってほんの少し歩くと、左側に切妻屋根の落ち着いた洋館が見えてきます。広い玄関を入るとその先にcameraの洋室があり、南側には広い庭が広がっています。

Photo_3  Photo_4 

この建物は、大正13(1924) 年冨士製紙社長の村田一郎邸として建てられたそうです。その後増改築を重ね、戦後昭和27年(1952)年5月に旅館として開業して現在まで営業を続けているそうです。平成4年8月1日に鎌倉市指定景観重要建築物等に指定され、更に平成21年8月7日に国指定登録有形文化財に指定されています。

中まで入れる洋館は、多くはないので、こんな建物に泊まって鎌倉をのんびり巡るというのも、すごく贅沢な休日の過ごし方ですよねhappy01

かいひん荘鎌倉 http://www.kaihinso.jp/ 

« 新生活応援キャンペーン対象物件 | トップページ | 寒い土曜日でした。 »

気まぐれ鎌倉ガイド」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233936/33259546

この記事へのトラックバック一覧です: 洋館の中に入ってきました。:

« 新生活応援キャンペーン対象物件 | トップページ | 寒い土曜日でした。 »

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30