« 藤沢駅まで歩ける建築条件のない売地 | トップページ | 風が吹けば…電気屋が儲かる??? »

2009年11月13日 (金)

鎌倉十井 六角の井(ろっかくのい)

材木座の一番はずれ、ちょうど逗子の小坪との境にあるこの井戸、六角の井というくらいですから、六角形なのかと思ってしまいますが、井戸の横にある鎌倉青年会議所の説明板によると、この井戸は八角形の形で、そのうち六角分が鎌倉分、残りの二角分は小坪分と言われているそうです。

別名、矢の根井戸とも云われ、その昔、源為朝が伊豆大島から射た矢が、この井戸に落ち、やじりが残ったことからこの名がついたといわれています。かつては井戸替えの際に、やじりを入れる竹筒を取り換えていましたが、これを怠った年は悪い病が流行ったそうです。やじりは、今も竹筒に封じて井戸の中段にまつられているとのこと・・・。

Photo 海から、一本入った道にあるこの井戸、説明書きを読まなければ、ただの小屋にしか見えませんが、昔からの言い伝えを聞くと、なんだかロマンを感じてしまいますhappy02

« 藤沢駅まで歩ける建築条件のない売地 | トップページ | 風が吹けば…電気屋が儲かる??? »

気まぐれ鎌倉ガイド」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233936/32197668

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉十井 六角の井(ろっかくのい):

« 藤沢駅まで歩ける建築条件のない売地 | トップページ | 風が吹けば…電気屋が儲かる??? »

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30