« 最近の出来事。 | トップページ | 秋の味覚 »

2009年10月30日 (金)

鎌倉十井 瓶の井(つるべの井)

鎌倉十井(じゅっせい)第二弾、瓶の井のご紹介です。Photo

そもそも鎌倉十井とは、江戸時代、あまり水質の良くなかった鎌倉の地で、数ある井戸の中でも特に良質の水が湧いたと伝えられる十の井戸のことです。

この瓶の井(かめのい)は、つるべの井とも云われ、紫陽花で有名な北鎌倉明月院の境内にあります。井戸の脇にある説明書きによると、岩盤を垂直に掘りぬいて造ったとみられ、その内部が水瓶のようにふくらみがあることから「瓶の井」と呼ばれ、鎌倉十井の中でも現在使用できる井戸としては数少ない貴重な存在なのだそうです。

ちょうど、訪ねた日は、秋晴れの少し汗ばむような陽気だったので、この井戸の水でのどを潤せたら良いのになあと思ってしまいました

« 最近の出来事。 | トップページ | 秋の味覚 »

気まぐれ鎌倉ガイド」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉十井 瓶の井(つるべの井):

« 最近の出来事。 | トップページ | 秋の味覚 »

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31