« 金木犀の香り | トップページ | 材木座 96.98㎡の賃貸マンション »

2009年10月15日 (木)

鎌倉よもやま話 2

T0gq 映画を通して国際交流の促進に功績のあった川喜多長政・かしこ夫妻の邸宅のあとに建設中だった「川喜多映画記念館」がほぼ完成しました。記念館は今後通りに面した板塀の整備や映画関係の資料を整え、来年四月の開館をめざすそうです。もともとの広い敷地に建てられた記念館は平家で、山側には哲学者和辻哲郎の居宅を東京から移築した江戸後期の古民家がそのまま保存されています。

通り沿いの板塀は、現在補修のため、壊されてしまいましたが、鎌倉らしい風情を醸し出していました。今後は、この板塀も復元されるようですし、記念館が完成すれば、鎌倉駅から鏑木清方美術館から路地を抜けて、川喜多映画記念館へと、新しい散策コースができますね。

こちらの記事は、鎌倉朝日の10月1日号の記事を参考して書かせて頂きましたm(_ _)m

« 金木犀の香り | トップページ | 材木座 96.98㎡の賃貸マンション »

鎌倉よもやま話」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233936/31794177

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉よもやま話 2:

« 金木犀の香り | トップページ | 材木座 96.98㎡の賃貸マンション »

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30