2019年10月13日 (日)

台風の爪痕。

A465a37064474b938e225b2e80f77fef

台風19号が伊豆半島に上陸したあと、神奈川県を縦断する様に抜けていきました。

大型で猛烈な台風は広い範囲に大きな被害をもたらしてしまいました。

被災された皆様の一日も早い復旧を祈念申し上げます。

臨時休業にさせていただきました昨日、朝から一日中雨は降って、風もそこそこ強かったものの夕方まではまだ報道されているほど激しい台風には感じませんでした。

鎌倉では午後6時くらいから雨風ともに激しくなって、台風が抜けていった午後9時くらいまでがピークで、かなり激しい風雨となりました。

自宅は長い時間停電することはありませんでしたが、市内の広い範囲で今朝まで停電が続いたようで、出勤するとき、長谷の辺りは信号が点灯していませんでした。

今回の台風、大潮で満潮が重なることもあって高潮への注意も言われていましたが、市内では稲村ヶ崎から七里ヶ浜にかけての海岸線の護岸が波に削られてしまって、稲村ヶ崎の少し七里ヶ浜寄りの歩道が崩落した現場では、仮復旧の消波ブロックの力及ばず、完全に歩道が崩落して、一部車道まで崩落が及んでいるようでした。

国道134号線の稲村ヶ崎付近は終日通行止めが続いて、迂回させられた自動車で稲村ヶ崎の駅の辺りは大渋滞となっていたようです。

この崩落による復旧には時間がかかりそうなので、国道134号線ではなく県道藤沢鎌倉線を通行するなど、大きく迂回した方がよいかもしれません。

御成不動産的には、前回の台風の時よりは台風の被害にあった物件の報告は少なかったように感じますが、特に海沿いを中心に風による被害が多かったようです。

昨日臨時休業させていただいたばかりではありますが、明日、明後日は定休日、2日間お休みとさせていただきますのでよろしくお願い致します。

写真は妻撮影の国道134号線の護岸崩落現場です。

2019年10月11日 (金)

台風接近による臨時休業について。

このたびの台風19号の接近に伴う交通機関の乱れ、道路状況の悪化、移動の危険が予想・報道されていることから、明日12日(土)を臨時休業させていただくことになりました。また、状況により13日(日)の開業時間が遅れる場合もございますので、ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い致します。

なお、当社の仲介でご入居いただきましたお客様で、当社の休業期間中に不具合等が発生した場合は、契約時に交付致しました重要事項説明書に記載された貸主に直接ご連絡いただきますようお願い致します。

また、休業期間中にいただきましたメールへのお問い合わせにつきましては、営業開始後順次返信させていただきますので、重ねてご理解のほどお願い致します。

2019年10月10日 (木)

時のないホテル

Ba3ae018f66e41439ba409c61a417618

「時のないホテル」は松任谷由実さんの1980年のアルバム。

たまたま仕事中の車で曲が流れてきたのが懐かしくて、昔買ったCDを引っ張りだしてきました。

アルバムに収録されている曲は次の通り

セシルの週末

時のないホテル

Miss Lonely

雨に消えたジョガー

ためらい

よそゆき顔で

5cmの向こう岸

コンパートメント

水の影

…全部いい曲で、全部大好きな曲で、ユーミンのアルバムの中でも好きなアルバムのひとつです。

南の海上からは大型で猛烈な台風が静かに近づいてきています…明日、そして土曜日はこんな静かな時間が流れていないかもしれないから、今夜はユーミンを聴きながら、のんびりとした時を過ごしています。

2019年10月 9日 (水)

台風19号。

C89827e62c664249bd799570c582429c

台風19号の進路が心配ですね。

当初の進路より少し東寄りになって、土曜日には鎌倉へもかなり影響がありそうなコースで進んでいます。

朝は湖みたいに静かだった海、

夕方見たときには小さいけれど、はっきりとしたうねりが届いていました。

ようやく台風15号の対応が終了しようかというこの時期にまた台風。

千葉の方に比べたら、大変ではないことは間違いないのですが、奇跡的に勢力が弱くなるとか、進路を変えて海上を抜けて行くとか…被害が出ないことを願うばかりです。

それにしてもここ最近、週末に天気が悪くなる傾向が続いていますね。

2019年10月 8日 (火)

水源の森を感じたウォーキング。

5b36277fd53d4205810ef4242d70e169

今日は定休日。

天気も悪くなく山に行きたいと思いましたが、最近うちの犬が家で留守番のことが多かったから、たまには犬も一緒に歩けるところをと選んだのは、小田原市久野の里山。

神奈川県の山登り&ハイキングという雑誌に載っていたコースです。渓谷と湧水でひんやりというキャッチコピーと標高差が少ないこと、自宅から遠くないことから、初めて訪ねました。

箱根の明神ヶ岳や明星ヶ岳から流れる川が湧水となって、かつて小田原の町の水田の水を引いた用水路のための水を溜池を作って溜めていました。

97a001b5802c4724af9992cf95664253

溜池は江戸時代に作られたもののようです。今でもここから流れる水が用水路へと流れているようです。

14fd36642678478b90fbbe36e6ec1c61

近くの谷には箱根の山から出た水が渓流となって流れていました。

基本的には林の中の道を歩くコースでしたが、その林は「神奈川の水源の森」になっていました。

箱根や丹沢の森は「神奈川の水源の森」になっているのですが、登山道には川が流れていることはあまりないので、「水源」であることを直接感じることはあまりありませんでした。今日、箱根から繋がる林の湧水や清流を見て、森が水源であることを目の前で直接感じることができた気がしました。


2019年10月 6日 (日)

ヨメナとツリガネニンジンと鎌倉広町緑地花図鑑。

B74257fdfcb1472186a7db06ca510b11

この前の休みに広町緑地に咲いていた花。

なんていう花なんだろうと思っていました。

99240e3483284ba5b8a0588619109d43

菊の仲間みたいなこの花もなんていう名前の花なのかな。

ふと、前に買った本のことを思い出しました。

F1c0adfe8f714c6393effa70a250d3ae

この本、この本。

広町の森に咲いていた花なのだからこの本に載っているのではないかと思って探してみました。

見てみたら、ちゃんと載っていました。

最初の花は、ツリガネニンジン。キキョウ科の多年草で、漢字で書くと「釣鐘人参」。花は夏から秋にかけて咲くようです。

もうひとつの花はヨメナ。広町の森にはキク科の仲間の花がいくつかあるようなので、もしかしたら血がかもしれませんが、たぶんヨメナの花。 キク科の多年草で、漢字で書くと「嫁菜」。嫁の菜って食べられる植物なのでしょうか?

前に鎌倉駅西口のたらば書房で見かけて買った「鎌倉広町緑地花図鑑」。たぶん、いや間違いなくメジャーな本ではないけれど、なかなか役に立ちそうな本になりそうな気がします。

2019年10月 5日 (土)

春?夏?秋?

86bc296971734a94bb922d803f9ac34f

10月だというのに、昼間はかなり暑くなりました。

午後からのご案内、現地まで行く間に結構汗をかいてしまいました。

夕暮れ時、家の近くの山の中から、つくつくほうしの鳴く声が聞こえてきて、ん?夏?って思ってしまいました。

そうかと思えば、この前の休みに行った広町の森の桜の木には花が…。

鎌倉山の桜並木にも花が咲いている木があって、春と間違えて咲いてしまったのかなって思いました。

でも暗くなると秋の虫の大合唱。ススキの穂もふっくらと風になびいて、やっぱり秋なんだって思いながら、なんだか不思議な気持ちになりました。

2019年10月 4日 (金)

夕暮れのシルエット。

24eff946665641049818ac7c485ab706

今日は久しぶりに夕焼けの空にくっきりと富士山のシルエットが見えていて、ちょっと感動してしまいました。

そんなシーンは写せなかったのですが、夕暮れ時の七里ガ浜のプロムナードの写真です。

南の空にまで、夕焼けが回り込んできていて、浜辺には行けないけれど、浜辺から見る夕焼けは見事なんだろうって思いました。

2019年10月 3日 (木)

いつのまにか南風。

Ad67284d21c948dc91320cdd53e8bff1

仕事から帰って、海までランニング。

いつのまにか南風が強くなっていました。

台風18号の影響でしょうか。

明日はまた真夏日になるとか。

もう10月だというのにいつまでも暑いですね。

今年は彼岸花が咲くのが遅かったけど、紅葉も遅くなるような気がします。

2019年10月 1日 (火)

彼岸花。

0e6ab34eacbb4bcc95c8fa9b55d13a11

今日は定休日だったので、朝からランニング。

いろいろなところで、大好きな彼岸花の花が咲いていました。

1b2683a000e74b998a36c16bcaf91caa

江ノ電の線路脇の彼岸花。稲村ヶ崎から七里ヶ浜に向かう途中に咲いていました。

この近くには国道沿いの土手に咲いていて、そこは彼岸花の先に江ノ電が見えるスポットなのですが、朝からカメラを構えた人がスタンバイしていて、私は写真が撮れませんでした。

E779879832a2492fb00b0bdb550497e0

で、という訳ではないけど、その近くに咲いていた白の彼岸花。

白の彼岸花って、なんか妖しい感じがします。

Addf7483ba0946fc8fff99a0e445c992

腰越の旧道沿いの道祖神には、赤と白の彼岸花がお供えされていました。

0db1cc02537c401b9c3ce2addbcc1c8b

腰越の室ケ谷の田んぼではたわわに実った稲穂と案山子、そして彼岸花の秋らしいスリーショットを見ることができました。

既に散り始めたところもあって、今年はゆっくり彼岸花を見る機会もないかなと思っていましたが、たくさん咲いている彼岸花を見られてよかったと思います。

«久しぶりに…そしてなんとか…

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31