2019年6月17日 (月)

明日は定休日です。

17bc48072ea44a638b38fc4afadc3807

明日は一週間ぶりのお休みです。

先週は昼過ぎまで仕事で休めなかったので、明日は完全オフとさせていただきます。

またまた山と言いたいところですが、夕方から横浜に出る予定があるため、あまり遠出はできないので、高い山には登れないと思いますが、雨は降らなそうなので、近場でリフレッシュしてこようと思います。

今日の夕方、SUUMOの賃貸物件情報には新規物件三件を公開しました。SUUMOには本日公開の物件も含めて、現在20件の賃貸物件を公開中。もしよかったらチェックしてみてくださいね。

2019年6月16日 (日)

今日の鎌倉。

78c613f2b51642739e579d4791580f80

今日の鎌倉は人も車も大渋滞という感じでした。

昨日が雨模様で、今日が快晴だったからかな。

紫陽花も各地で見頃を迎えていることもあると思いますが、とにかくすごく混雑していた一日でした。

日が落ちた後も、稲村ヶ崎公園から夕焼け空を眺める人が、ご覧の通りの鈴なりで、今日の鎌倉を象徴しているような人の多さでした。


2019年6月14日 (金)

明日雨だから?

2b01f47d70424727b4bb215fa86fa42e

今日は金曜日。平日だというのに、鎌倉はすごく沢山の人出で、休日みたいに賑わっていました。

紫陽花の季節、いい天気というのはもちろんだけど、明日雨予報なので、代わりに今日鎌倉に来た人が多くなったのでしょうか。

6月も半ば、市内各所の紫陽花もすっかり見頃を迎えています。

明日は雨、雨の紫陽花もきっと悪くないと思います。

2019年6月13日 (木)

梅雨の晴れ間の木曜日。

26d5cf81afe84aabafbe3cfd2994ce80

今日は梅雨の中休み。

朝から一日いい天気でしたね。おかげさまで今日もあっという間に一日が終わってしまいました。

でも朝一番の仕事が稲村ガ崎だったので、お客様との待ち合わせまでの少しの間に、海へ出てみました。

久しぶりに富士山も顔を出して、とても気持ちが良かったです。

夕方まで雲が出なかったので、今日は夕焼けもきれいに見えそうです。残念ながら夕方の海には行けないけど…朝、素敵な景色を見られたからよしとしましょうしましょう😊

2019年6月11日 (火)

悲しいほどお天気。

3247638f2ec74469be424556453cbf44

悲しいほどお天気。

今日は一週間ぶりのお休み。数日前の雨予報が変わって朝から青空。

山に登りたいと思ったのですが、やるべき仕事が残っていて、朝から事務所に出て昼過ぎまで仕事。

悲しいほどお天気。

昼過ぎになんとか目処がついたので、車🚗で飛び出して三浦の和田長浜へ。

和田長浜から三崎港までの往復ラン。このコースは三崎口の駅までと、城ヶ島から三浦海岸へは走ったことがありましたが、三崎口と三崎港の間を走ったことがありませんでした。

855959979d26432eaa485452ab77710b

この区間を走ると三浦半島縦断して、走った軌跡が繋がります。更には神奈川県最南端城ヶ島から箱根の芦ノ湖まで走った軌跡が繋がります。

というわけで、三崎港まで走ってきました。このコース、和田長浜から三崎口まで基本的に上りが続くコースです。三崎口で上りは終わりかと思っていたらその先も引橋まではだらだらと上りが続いて地味に身体に響きます。

14aa272af4ad433aac43ed02144078f2

こまかなアップダウンを越えて、最後の下り坂を下りると目の前に三崎港が広がりました。

884661565d844da58ab9af9e558cd817

片道約10キロメートル、無事に到着したお礼も兼ねて、海南神社へ参拝。

漁港に隣接する三浦市の産直品販売所うらりで鮪の角煮を手に入れるとリュックサックに詰めて、往路を再び和田長浜まで走って戻りました。

山には行けなかったけど、悲しいままお天気を楽しまず一日が過ぎてしまうことはなく、再び鎌倉へと🚗戻りました。


2019年6月10日 (月)

雨の日と月曜日は。

56812983fd204e1c86280508e171a8ee

カーペンターズの曲のタイトルですね。

洋楽はあまり聴かないから詳しくないけど、この曲はとても好きな曲です。

「雨の日と月曜日はいつも気分が滅入るのよ。」日本語に訳すとそんなサビの歌だったと思いますが、今日は雨の月曜日でした。

オフコースにもそんな歌があったと思って調べてみたら、オフコースの歌のタイトルは「眠れぬ夜」でした。

「眠れない夜と雨の日には、忘れかけてた愛がよみがえる。」オフコースの曲はこんな歌詞でした。

オフコースのこの歌も大好きな歌のひとつです。

雨の歌といえば、森高千里の「雨」もいいですね。

「ひとつひとつ消えてゆく雨の中  見つめるたびに悲しくなる  傘もささず二人はだまっているわ  さよなら私の恋…。」

「雨」の歌は、どことなく切ない歌が多くて、外の雨音を聞きながら、ちょっと切ない気持ちになりそうな雨の日の月曜日です。

眠れぬ夜になってしまうかな😅

2019年6月 9日 (日)

梅雨入りしましたね。

769a74386e634245aa1bb840df18606e

関東甲信越地方が梅雨入り。

今日はどんよりとした曇り空で、夕方から雨が降り出しました。そんな天候でしたが、鎌倉には観光にたくさんの方が訪れていました。

この一週間は個人的にも目まぐるしく忙しい一週間で日記をしばらくサボってしまいました。

明日からの一週間も予定がなかなか多くて忙しくなりそうです。

明日は営業ですが、私一人出社のため、留守をする時間や電話に出られないことがあり、ご迷惑をおかけ致しますが、よろしくお願い致します。

しばらく暑い日が続きましたので、今日みたいな少し肌寒いくらいの雨空の夕方もまた悪くないですね。

週間予報を見ると、雨マークが続きそうで、梅雨を実感できる一週間になりそうです😅

2019年6月 5日 (水)

初夏を感じるあれこれ。

F302f60ff9bd45d98908158ab21a1b6a

アジサイが色づいてきましたね。

こちらは成就院。海と紫陽花のコラボレーションがいい感じです。

Cd6910598960486b81d100abbeaaf006

極楽寺の導地蔵にはこんな提灯が…。

72d734494e4b45398add4542a740057b

坂ノ下の海岸沿いではハマユウの花も咲き出しました。

この花、ハマユウだと思っていましたが、インドハマユウ(アフリカハマユウ)だったんですね。ちょっとユリの花みたいですね。

梅雨はこれからですけど、初夏を感じる鎌倉です。

2019年6月 4日 (火)

入笠山へ。

B0eb128d3449446c9745b276d6aea734

今日は長野県富士見町の入笠山へ。

鎌倉から圏央道、中央高速を通って、2時間半。インターチェンジを下りてから近いので、日帰りで行きやすい山です。

入笠山の標高は1955mと2000m級の山ですが、冬はスキー場になるため、1700mを超える高さまでゴンドラが稼働して、楽々1700mのところまで行けてしまいます。

その冬はゲレンデになる斜面は、ちょうどこの時期、ドイツスズランの群生地となっていて、可憐な白い花と甘い香りが一面に広がっていました。

E8120979af1546e2b28b8d26fb55aa70

ここから樹林帯を少し歩いて、入笠湿原へ。ちょうど山と山の間にできた湿原へは木道伝いに下りて行きます。

8a2accab22a4449ca65186294e3af07e

初夏の花が咲くには少しだけ時期が早くて、この時期には花が少ない感じですが、風が爽やかでとても気持ちが良かったです。

湿原から登り返して登山口へ。樹林帯の中を登ります。多くの人が訪れるとコースは危険なところもなく、初心者の方でも気軽に2000m級の山を楽しめます。

4f30ca60784e47e7b6fb53ca281c1af8

ゴンドラの産地へと戻るコースには入笠すずらん山野草公園の中を歩くコースとなっていて、いろいろな山野草が植えられて、横には花の名前が書かれていたので、「花の名前がわからない」というストレスを感じずに、楽しくゴンドラの駅まで戻ってきました。

山頂まで1時間ちょっと。山頂から1時間弱。時間的にも気軽に楽しめる素敵な山でした。

2019年6月 2日 (日)

雨の日には雨の中を…。

39b96d2263eb4cbca069aa595cb82416

新しい一週間が始まりました。

今日の鎌倉もずいぶん人が出ていたように感じます。

この土日は葛原が岡神社の例大祭でした。葛原が岡神社は由比ガ浜の氏神様なので、琵琶小路にお神輿が出て、車両が通行止めになっていました。

次の週末は確か材木座の五所神社の例大祭。夏まつりの季節ですね。

個人的には明日一日頑張ればお休み😊

ここのところ毎週火曜日に天気が崩れる周期になってしまっていて、火曜日ごとに天気があまり良くない😞

こればっかりは仕方がないので、天気予報とにらめっこしながら、雨の日には雨の中を楽しめるスポットを探してみます。

«今日から6月。

有限会社 御成不動産ホームページ

無料ブログはココログ
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30